トップページ | Windows Tipsサイト »

Windows XP SP2上でのwindow.open

Windows XP SP2 + IE6.0 SP2ではセキュリティが強化されています。それに伴ってサイトで別窓を開くwindow.openの動作が変更になっています。

例えば<a>タグ内にwindow.openを組み込んでいる場合、開いた別窓の下部にステータスバーが常時表示されてしまいます。またアドレスバーを非表示に設定しているときはタイトルバーのタイトルの前にドメイン名が表示されます。

他の事例については↓のリンク先を参照してください。
Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載" での機能の変更点
Windows XP SP2 (Service Pack2)でのJavaScriptの動作に関して
ブラウザのツールバー・メニューを全て消す
SP2導入トラブル: Popup(ポプアップ)ブロック機能

|

トップページ | Windows Tipsサイト »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/1995561

この記事へのトラックバック一覧です: Windows XP SP2上でのwindow.open:

トップページ | Windows Tipsサイト »