« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

マンセル記号と国鉄色

●マンセル記号
マンセル記号は色を表す方法の1つで、"H V/C"の形で表します。
Hは色相(Hue)で、R(赤)-YR-Y(黄)-GY-G(緑)-BG-B(青)-PB-P(紫)-RPの順に環状に配置されたものを更に10分割したものです。例えば5RはRの色相Rの中心を表しており、10R = 0YRとなっています。
Vは明度(Value)で、0~10の値をとります。Cは彩度(Chroma)で、0なら無彩色で値が大きくなるほど鮮やかな色になります。
無彩色(白~灰~黒)の場合、明度値だけを使ってN6のような形で表します。

色の基礎知識

●国鉄色
下記のサイトには朱色1号、黄緑6号等の国鉄で使われていた色(国鉄色)とマンセル記号との対応が掲載されています。他に台車などの精密な図面もあり、参考になります。

鉄道CAD製作所

| | トラックバック (0)

桜上水雪景色

8027F

12月31日の午後、雪が降りました。その雪が止んだ夕方に桜上水で撮影した8027Fの写真です。この時点で6015F、7202F、8027F、9003F、9004F、9007Fの留置を確認しましたが、8027Fの奥に見える8020系の車番だけは確認できませんでした。

1月11日追記
うにもぐらさんから8027Fと奥に見える8020系との間に7009Fが留置されていたとのご教示がありました。うにもぐらさん、ありがとうございました。

| | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »