« 国領 in 1986 | トップページ | 京王電軌時代の架線柱【2】 »

布田 in 1986

1986年当時の布田も国領と同じく18m車6連が停まれるホーム有効長を持つ駅でした。しかし国領とは異なり構内踏切がありました。

●駅舎
北側入口(2005年)駅舎(1986年)上りホームの京王八王子方に木造平屋建ての駅舎がありました。駅前に広場はなく、駅西側の道路に面していました。後年、駅舎が地下になったときに、この場所と反対側である線路の南側の2箇所に出入口が造られ、公共地下通路で結ばれました。

●構内踏切
南側入口と7024F構内踏切(1986年)駅舎から下りホームへ行くには構内踏切を渡る必要がありました。後に駅舎が地下化されたときにこの構内踏切も廃止になりました。現在この踏切の痕跡は残っておりません。

現在始まっている連続立体化工事が竣工すると島式1面2線の地下駅になるそうです。このときに駅入口のあるあたりは小さな駅前広場になるようです。

|

« 国領 in 1986 | トップページ | 京王電軌時代の架線柱【2】 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/3020709

この記事へのトラックバック一覧です: 布田 in 1986:

« 国領 in 1986 | トップページ | 京王電軌時代の架線柱【2】 »