« 京王電軌時代の架線柱【1】 | トップページ | 布田 in 1986 »

国領 in 1986

1986年当時の国領は18m車6連が停まれるホーム有効長を持っており、新宿方面に行くには北口、京王八王子方面に行くには南口を利用する形になっていました。

●北口
北口(2005年)北口(1986年)北口改札口は上りホームの中央付近にありました。後に駅舎が地下になり南北の公共地下通路ができました。それに伴いほぼ同じ位置に地下への入り口が造られました。現在北口には超高層マンションが建設され、駅前広場の整備工事が始まっています。

●南口
南口(2005年)南口(1986年)一方南口は下りホームの京王八王子方にあり、西側の通りに面する形になっていました。現在、南側は駅前広場が整備され、ここ以外に広場に直結する出入り口が増やされています。

●下りホーム
8027F(2005年)6010F(1986年)1986年当時、下りホームの先端は板張りでした。南口駅舎を削って捻出した部分のように見えました。この先に見える建物は多摩川総合病院で、今でも見ることができます。

●上りホーム
8032F(2005年)6019F(1986年)一方、上りホームは上屋が改札口の部分にしかありませんでしたが、後のホーム延伸工事に伴い上屋も延長されています。

現在始まっている地下化工事が竣工すると、相対式ホームの地下駅に生まれ変わるとのことです。

|

« 京王電軌時代の架線柱【1】 | トップページ | 布田 in 1986 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/3013054

この記事へのトラックバック一覧です: 国領 in 1986:

« 京王電軌時代の架線柱【1】 | トップページ | 布田 in 1986 »