« 京王電軌時代の架線柱【6】 | トップページ | 旧調布駅の跡 »

削除できないファイルの削除方法

Windows XPでファイル名の末尾にピリオドや空白が付いているファイルを削除しようとすると、「ファイルを削除できません。送り側のファイルまたはディスクから読み取れません。」(ファイルまたはフォルダの削除エラー)というダイアログが出てきて削除できません。

このときにはコマンドプロンプトで

 del "\\?\C:\Documents and Set...\ファイル名"
 rd /s "\\?\C:\Documents and Set...\フォルダ名"

と入力し[Enter]を押すと削除できるそうです。消したいファイル名やフォルダ名は\\?\に続けてドライブ名からのフルパスで指定し、全体を引用符(")で囲む必要があります。しかしこの方法ではシステムファイル属性や隠しファイル属性が付いたファイルを削除することはできません。この場合は

 del /a:- "\\?\C:\Documents and Set...\ファイル名"

と入力し[Enter]を押すことで削除することができます。削除するファイル名の指定方法は上述の方法と同じです。ここで指定した/aは属性により削除ファイルを選択するオプションです。

注意:操作を誤るとWindows環境が破壊される恐れがあります。操作は自己責任でお願いします。

【関連サイト】
Windows XPで消せないファイルを削除するTips集
NTFSファイルシステム上のファイルまたはフォルダを削除できない(Microsoft KB320081)

|

« 京王電軌時代の架線柱【6】 | トップページ | 旧調布駅の跡 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/4708770

この記事へのトラックバック一覧です: 削除できないファイルの削除方法:

« 京王電軌時代の架線柱【6】 | トップページ | 旧調布駅の跡 »