« 京王電軌時代の架線柱【7】 | トップページ | 気象情報関係リンク »

パレオエクスプレス

秩父鉄道のSLパレオエクスプレスに乗ってきました。

C58363デキ20110:02に熊谷5番線ホームにデキ201に牽かれて客車4両とC58363が上熊谷方から入線し、10:12に汽笛とともに発車しました。熊谷発車の時点では多少空席がありましたが、寄居(10:51着、54発)で満席となり、立ち席の人もいました。野上で運転停車し普通列車を先に通してから、長瀞(11:24着、11:32発)に到着、半数の乗客が入れ替わりました。この中には旅行会社のツアーの一行もいました。そして秩父(12:02着、12:10発)で半分以上の人が降車しました。停車時間があった寄居、長瀞、秩父の各駅では、SLをバックに記念写真を撮る人やSL運転台で記念撮影をする人が多くいました。

C58363C58363三峰口に到着(12:44着)後、客車と切り離され、整備作業および給水が行われました。この途中で雷鳴とともに土砂降りの雨が降ってきました。整備作業後にC58363の方向転換が行われました。転車台の近くに平日は13:25、休日は13:30に転車が行われるとの看板がありました。方向転換後、牽引してきた客車と再び連結し、14:00に豪雨の三峰口を出発していきました。

鉄道公園C58363三峰口に併設する形で「秩父鉄道車両公園」があります。ここには電車、電機、貨車が10両展示されており、自由に車内に入ることができます。またここから転車作業を間近に見ることができます。多くの人がここで整備作業や転車作業を見学していましたが、豪雨になったため展示車両の車内に避難(?)していました。

|

« 京王電軌時代の架線柱【7】 | トップページ | 気象情報関係リンク »

鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/5486930

この記事へのトラックバック一覧です: パレオエクスプレス:

« 京王電軌時代の架線柱【7】 | トップページ | 気象情報関係リンク »