« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

高尾山冬そばHM

HMHM高尾山冬そばキャンペーンの開始日である1月21日(土)に本八幡発高尾山口行きの臨時急行「高尾山冬そば号」が運転されました。そのとき6044Fに取り付けられていたHMが22日(日)から6023F+6024Fに取り付けられています。通常この編成は主に平日の朝ラッシュ時の各停運用No.36と土休の準特急運用に充当されるのですが、今週は本線特急・準特急系の運用に充当されています。

【関連記事】
高尾山冬そば号

| | トラックバック (3)

雪景色

今日(21日)の雪は都心部の積雪量が9cmで、大雪注意報(06:53発令、21:32解除)が出ていました。都心部でこれだけ降ったのは1998年1月15日(積雪量16cm)以来とのことです。今日は臨時急行「高尾山冬そば号」が走りましたが、ついでに他の写真も撮影してきました。

8001F10-210F左は10-210Fの急行橋本行き(27T)、右はその続行でやってきた8201F+8001Fの特急京王八王子行き(No.2)です。現在は各車両とも検査入場したときにパンタグラフをシングルアームパンタに交換していますが、この編成は従来のPT-4201系パンタグラフを搭載しています。

9005F 7006F左は7006Fの快速新宿行き(No.14)で、前面に雪が付着しています。右は9005Fの快速橋本行き(No.18)です。今まで9000系は都営新宿線に乗り入れることはできませんでしたが、昨年5月に都営新宿線のATCがディジタル化されVVVF車も走れるようになりました。先週の土曜日(14日)に都営新宿線乗り入れ用の9031Fの10両編成が豊川の日本車両から甲種輸送(甲種鉄道車両輸送)されました。

【関連記事】
高尾山冬そば号

| | トラックバック (0)

高尾山冬そば号

6044F6044F今日(1月21日)から3月31日まで「高尾山冬そばキャンペーン」が行われます。この一環として本八幡発高尾山口行きの急行「高尾山冬そば号」が運転されました。使用された編成は6044Fで前後で異なるHMが取り付けられていました。運番は99K、スジは本八幡09:03→新線新宿09:46→高尾山口10:45で、途中の笹塚で準特急3111レを待避、つつじヶ丘で5219レと接続していました。

6044Fは朝方79Kに入っていましたが10-030Fと車両交換され「高尾山冬そば号」に充当されました。左側の写真は79KTの10-030Fとの並びです。

| | トラックバック (2)

クハ6717の女性専用車シール

京王線では平日の

  • 朝ラッシュの上り準特急・急行・通勤快速(新宿07:30~09:30着)の全区間
  • 夕方~夜の下り特急・準特急(新宿18:00~22:40発)の新宿-調布間
  • 深夜の下り急行・通勤快速・快速(新宿22:50~00:18発)の新宿-調布間

女性専用車で新宿方先頭車が女性専用車となっています。これらの運用に入る可能性がある8000系6+4、7020系、7000系6+4、6030系、6000系2連(地上用)の新宿方先頭車には「女性専用車」シールが貼られています。また新宿00:10発の快速(No.75-4運用)は8020系ですが、この運用に入るときだけ「女性専用車」シールが貼られます。

TO-MIXさんによると1月10日から6000系8連のクハ6717に「女性専用車」シールが貼られています。他の6000系(地上用)や7000系8連、8020系には貼られていませんので、何故クハ6717だけに貼られているのか理由は不明です。

1月19日追記
「女性専用車」シールがはがされているのを1月18日(水)に確認しました。

| | トラックバック (1)

Memtest86

Memtest86とはメモリ診断用ソフトで、Gnu Public License (GPL)により無料で使用することができます。

続きを読む "Memtest86"

| | トラックバック (0)

夜の6000系10連各停

Tc6774&Tc6885昨年12月27日(火)の夜に6023F+6024Fの各停がNo.64運用で走りました。 通常この編成は主に平日朝の各停No.36運用と土曜・休日の準特急運用に入ります。写真は6023F+6024Fの各停高尾山口行きと6035F-6435Fの急行新宿行きの並びを撮影したものです。左側の6035F-6435Fは昨年10月にクハ6785のATC装置を撤去して実質10両固定編成となっています。

この後、写真左側の6035F-6435Fが新宿発車直後にトラブルを起こしたため遅延が生じました。この影響で6023F+6024FがNo.11に入ったそうです。

| | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »