« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

8001Fの各停表示と運転台

8001F+8201F(以下8001F)の小ネタ2題です。

LED京王8001F●各停表示
8001Fが搭載しているフルカラーLED表示器での「各停」表示は、前面・側面とも白枠で囲まれています。

●運転台
パネル運転台TNSが運転台上部に移り、TNSがあった位置には京王ATCの機器が取り付けられています。速度計はアナログ型のものに交換され、周囲には速度指示灯が5km/h刻みでついています。

【関連記事】
8001F+8201FにATC機器搭載

| | トラックバック (0)

8001F+8201FにATC機器搭載

京王8001F今日のNo.22に8001F+8201Fが入りました。クハ8851の先頭台車の直後に「ATC機器」と書かれた灰色の箱が取り付けられていました。また種別・行先表示もフルカラーLEDになりました。

【関連記事】
8000系種別・方向幕のLED化開始
8000系種別・方向幕のLED化開始(続)

| | トラックバック (1)

今日の9036F(2008.02.23)

LED京王9036F昨日(22日)、9036Fは朝の都営線直通運用No.63と夜の急行運用No.22に入っていました。今日(23日)は都営線直通運用のNo.63に入りました。駅停車時の側面表示器は「快速 大島」と「都営新宿線直通」を交互に表示していました。

【関連記事】
9036Fの準特急 (2008.02.21)
今日の9030系 (2008.02.19)
9036F営業運転開始 (2008.02.18)

| | トラックバック (0)

9036Fの準特急

LED京王9036F21日(木)の準特急運用No.10に先日営業運転を開始した9036Fが入りました。この運用は若葉台出庫で高幡不動に入庫する運用です。

準特急の種別表示は8004F+8204Fと同じくオレンジの地色に黒字となっており、9031F~9035Fのものと異なっています。右側の写真の上段は9036F、下段は9034Fの側面のLED表示器です。

【関連記事】
今日の9030系 (2008.02.19)
9036F営業運転開始 (2008.02.18)
8000系種別・方向幕のLED化開始(続) (2008.02.17)

| | トラックバック (0)

今日の9030系

京王9036F京王9035F昨日から営業運転に入った9036Fですが、今朝はNo.65に入りました。しかし1827レの多摩センターで9035Fに車両交換されました。9035Fが1827レに先行して若葉台を出庫し、多摩センター#2に到着後、#1に9036Fが到着しました。

京王9033F京王9031F他には、9031Fが準特急運用No.10、9032FがNo.71、9033FがNo.67、9034Fが朝のNo.19にそれぞれ入っていました。

【関連記事】
9036F営業運転開始

| | トラックバック (1)

9036F営業運転開始

6038F9036F9036Fの営業運転が始まりました。初日である今日は朝晩ともNo.19に入りました。

9036Fの入線と引き換えに6038Fが16日(土)に運用離脱しました。

【関連サイト】
屋根裏部屋(TO-MIXさん)

| | トラックバック (1)

8000系種別・方向幕のLED化開始(続)

HMHM

9030系のフルカラーLEDでの準特急表示はオレンジの地色に白字でしたが、8004F+8204FのフルカラーLEDではオレンジの地色に黒字となっています。

撮影時のシャッタースピードは左が1/400[s]、右が1/200[s]です。

【関連記事】
8000系種別・方向幕のLED化開始
百草園梅祭りHM(2008年)
9031Fの準特急(2006.11.09)

| | トラックバック (1)

8000系種別・方向幕のLED化開始

Tc8754LED8004F+8204Fの前面と側面の種別幕と方向幕が9030系と同タイプのフルカラーLEDになりました。これに伴い連結面であるクハ8754とクハ8804の前面の種別幕と方向幕がなくなり、識別灯(急行灯)も抜かれているように見えました。

| | トラックバック (4)

百草園梅まつりHM(2008年)

HMHM2月1日(金)から3月20日(木・祝)まで、京王百草園で梅まつりが開催されています。このため、8004F+8204Fと7022Fに百草園梅まつりのHMが取り付けられています。デザインは例年と同じもので、クハ8704とクハ7772が桃色、クハ8854が水色、クハ7722が黄緑のものとなっています。

続きを読む "百草園梅まつりHM(2008年)"

| | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »