« 電電公社のマンホール | トップページ | 1031F営業運転開始 »

復活!臙脂帯

plate京王6416F10月29日(木)にeyc57190さんによって若葉台で目撃され、他のサイトでも取り上げられていますが、6416Fが臙脂の帯になりました。

前面は貫通扉脇で太さが細くなり、上部の運番窓、行先窓、種別窓の間がアイボリー化されています。これは6000系登場時の出で立ちです。また側面のKEIOロゴが京王帝都電鉄時代の「K.T.R.」プレートになっています。しかし車番が現在の書体のままで、連結妻面に帯がない、PT7110系パンタグラフのままであるなど、登場時の姿になっているとはいえません。

今日は競馬場線のNo.45に入っていました。

【参考】
京王線談話室 eyc57190さんの御投稿

|

« 電電公社のマンホール | トップページ | 1031F営業運転開始 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/46683446

この記事へのトラックバック一覧です: 復活!臙脂帯:

» 今日のNo45 [屋根裏部屋]
 今日の競馬場線は6416Fでした。 [画像] [続きを読む]

受信: 2009.11.05 23:33

« 電電公社のマンホール | トップページ | 1031F営業運転開始 »