« 光る迎光号 | トップページ | 7000系2連のVVVF制御装置 »

日本史上初の部分月食

月食(moon eclipse)とは、太陽と月の離角が180°になったときに月が地球の影に入ることで起きる天文現象です。このため月食は満月のときにしか起こりません。月が地球の影に完全に入ったときが皆既月食、地球の影が月に部分的にかかった時が部分月食になります。

部分月食

今朝の初日の出前に、日本の歴史上で初めてである元日の月食が起きました。

明治5年(1872年)以前は太陰太陽暦を用いていましたので、月の始めである1日は必ず月が見えない新月となっていました。このため明治5年以前においては月食が元日に起きることはありえないことです。また現在の暦法であるグレゴリオ暦に改暦された明治6年(1873年)1月1日以降でも、元日に月食が起きたのは今年が初めてです。

eclipse simulation

国立天文台によりますと、今回の月食の推移は下表の通りでした。食甚のときの食分は0.082です。食分とは月が地球の影によって隠される割合を示したものです。

時刻状況
02:15.3 半影食開始
03:51.6 本影食開始(第1接触)
04:22.7 食の最大(食甚)
04:53.8 本影食終了(第4接触)
06:30.1 半影食終了

ちなみに東京の今朝の日の出と月没は次のとおりでした。(秒は切捨て)

時刻状況
06:15 夜明
06:50 日の出
07:02 月没

eclipse simulation

次に元日に月食が起きるのは19年後の2029年で、このときは皆既月食になります。

なお月食シミュレーションは、拙作Calend Mateに組み込んでいる天体位置の推算機能を使った別プログラム(非公開)を作成して実行しました。食分値に若干の誤差が生じています。

|

« 光る迎光号 | トップページ | 7000系2連のVVVF制御装置 »

天体・暦」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/47174713

この記事へのトラックバック一覧です: 日本史上初の部分月食:

« 光る迎光号 | トップページ | 7000系2連のVVVF制御装置 »