« 6000系と7000系の併結回送 | トップページ | 京王電軌時代の架線柱【9】 »

富士登山電車

大月-河口湖間を結ぶ富士急行線で富士登山電車が走っています。種別は「快速」、停車駅は、

銘板

富士急1205

大月 - 都留市 - 都留文科大学前 - 三つ峠 - 下吉田 - 富士吉田 - 富士急ハイランド - 河口湖

です。乗車には乗車券と着席券(200円)が必要で、2週間前から電話予約ができます。

銘板

富士急1305

車両は、1968年に元京王5000系5118Fとして製造され、1995年に2連化、クロスシート化等が施されて富士急に入線した1000形1205Fです。この編成を2009年に改装して誕生しました。デザインは水戸岡鋭治氏(ドーンデザイン研究所)が担当しました。

側面

側面

車体は中央の扉を埋めて2扉となっており、屋根上の冷房装置まで色が塗られています。モハ1205の運転台直後の窓は車内から見ると丸窓になっています。またモハ1305の連結面寄りの2つの窓には富士急行線の路線図が描かれています。

車内

車内

モハ1205には「赤富士」の愛称がつけられています。車内はオーク調で、シート色は赤系を基調としており、重厚感溢れるものとなっています。中央にはソファーがあり、窓に向かってカウンター席も設けられています。この両隣はボックスシートとなっています。

車内

車内

モハ1305には「青富士」の愛称がつけられています。車内はナチュラル系の木材が使われており、青系のシート色と相まって軽快な印象を受けます。「赤富士」と同様、中央部にはソファーとカウンター席があり、ベビーサークルも設置されています。運転台寄りの扉付近にはL字型ソファーが配置されています。

列車には客室乗務員が添乗しており、次駅案内、観光案内や車内サービス等を行っています。また座席は指定されていないので好きな席に座ることができます。

【関連サイト】
富士登山電車 (富士急行株式会社)

|

« 6000系と7000系の併結回送 | トップページ | 京王電軌時代の架線柱【9】 »

鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/49243448

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山電車:

« 6000系と7000系の併結回送 | トップページ | 京王電軌時代の架線柱【9】 »