« JR新橋駅前のC11 | トップページ | 7026F、まもなく出場か? »

羊蹄丸とDE10

東京臨海副都心にある船の科学館に青函連絡船羊蹄丸とDE10 30号機が展示保存されています。

DE10

羊蹄丸

羊蹄丸は津軽丸型の青函連絡船で、昭和40年(1965年)に就航しました。青函連絡船が廃止された昭和63年(1988年)3月13日まで運航されていましが、同年6月3日から9月18日まで青函トンネル開通記念博覧会に伴い復活運航されました。その後1996年3月22日から船の科学館にて展示されています。

展示

展示

羊蹄丸の船内の車両甲板には昭和30年代の青森駅とその駅前を再現した展示があります。ここにDE10 30号機とスハフ44 25が保存されています。車両は貨物車を搭載するための船内の線路を利用して設置されています。DE10の車番は301になっています。

【関連記事】
JR新橋駅前のC11 (2010.10.10)
大蔵運動公園のC57 (2010.08.13)
パレオエクスプレス (2005.08.15)

|

« JR新橋駅前のC11 | トップページ | 7026F、まもなく出場か? »

鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/49716027

この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄丸とDE10:

« JR新橋駅前のC11 | トップページ | 7026F、まもなく出場か? »