« 3000系が走った朝【8】 | トップページ | 3000系が走った朝【9】 »

新型の距離標

乙号

甲号

鉄道の距離標はその路線の起点からの距離を示すもので、下り列車の進行方向左側の線路脇に設置されています。甲号、乙号、丙号の3種類があり、甲号と乙号は大きさや形状が規定されています。

丙号

丙号

甲号距離標(キロポスト)は1km毎に設置される1.2m程度の白柱で、距離の数字が縦に並べて書かれています。乙号距離標は0.5km単位の位置に設置される0.9m程度の白柱で、「1/2」とkm単位の数字が書かれています。そして丙号距離標は0.1km単位の位置に設置され、京王では100mの位の数字のみが書かれています。

丙号

最近、京王線と井の頭線の上下線間もしくは上り線の線路脇に新しいタイプの距離標が増設されました。増設された距離標の上部には100mの位の数字、下部にはkm単位の数字「○k」が書かれていています。しかし連続立体化工事が行われている国領-調布間等には設置されていません。

また距離標のある箇所の枕木が白く塗られています。

|

« 3000系が走った朝【8】 | トップページ | 3000系が走った朝【9】 »

京王」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/51466336

この記事へのトラックバック一覧です: 新型の距離標:

« 3000系が走った朝【8】 | トップページ | 3000系が走った朝【9】 »