« 荒玉水道のマンホール | トップページ | 渋谷町水道のマンホール »

「東府中6」架線柱撤去中

架線柱

現在、東府中駅では橋上駅舎に付随する駅ビル工事が行われています。この関係で東府中駅ホームの八王子方に建っていた「東府中6」架線柱の撤去が行われています。この架線柱は昭和16年(1941年)12月に建殖されたもので、東京電力一の宮線の鉄塔「一の宮線16」と兼用していました。

7421F

架線柱

16日(木)には架線柱近くの駅ビルの桁梁に架線支持金具が取り付けられており、すでに架線柱が使用停止の状態でした。そして今日の時点で上りホーム脇の鉄柱と横桁がすでに撤去されていて、下りホーム上にある鉄柱だけが残されている状態でした。

架線柱

架線柱

この架線柱はL型鋼材と平板をボルト締めにより組み立てられており、縦のL型鋼材をボルトで継ぎ足して所定の高さにしていました。しかし、同じ時期に建殖された「東府中4」架線柱の鋼材接合部には平板が使われていません。

看板

この柱についているオウムの看板は東京電力のものです。この看板が残っている架線柱は、かつては東京電力の送電鉄塔を兼用していたという証になります。

【関連記事】
京王電軌時代の架線柱【6】 (2005.06.20)

|

« 荒玉水道のマンホール | トップページ | 渋谷町水道のマンホール »

京王」カテゴリの記事

送電線」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/52025214

この記事へのトラックバック一覧です: 「東府中6」架線柱撤去中:

« 荒玉水道のマンホール | トップページ | 渋谷町水道のマンホール »