« 東京府のマンホール【3】 | トップページ | 3000系と紫陽花 »

東京府の雨水枡

渋谷区東1丁目の八幡通り(東京都市計画道路幹線街路補助線街路第20号線)の金王神社前信号から並木橋交差点に向かってすぐの所に東京府の雨水枡が残っています。

mark

manhole

蓋は格子状となっており、真中には東京府章があります。この府章の縦棒は細く、猿楽橋近辺で見られる東京府のマンホールの府章と同じです。この雨水枡の枠には花崗岩が使われています。

風景

風景

八幡通りのこの区間は昭和8~9年(1933~34年)頃に整備されており、同時に蓋も設置されたものと考えられます。またこの雨水枡の近くに石積みの擁壁がありますが、こちらも街路整備に合わせて作られたものなのかもしれません。

【関連記事】
東京府のマンホール【3】 (2011.06.06)
東京府のマンホール【2】 (2011.06.03)
東京府のマンホール【1】 (2011.05.28)
千駄ヶ谷町のマンホール (2011.05.17)
東京府の土地境界標 (2010.08.13)
猿楽橋と東京府のマンホール (2010.06.21)

|

« 東京府のマンホール【3】 | トップページ | 3000系と紫陽花 »

マンホール・標石」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/51813404

この記事へのトラックバック一覧です: 東京府の雨水枡:

« 東京府のマンホール【3】 | トップページ | 3000系と紫陽花 »