« 逓信省のマンホール | トップページ | 夏季安全輸送推進運動HM【井の頭線】 »

調布付近の京王線旧線跡

京王7204F

風景

逓信省のマンホールがある布田4号踏切を北側に渡ると左手に三角形の空地があります。この空地が京王線の旧線跡です。

大正2年(1913年)4月15日、笹塚-調布間が開業しました。当初、仙川-調布間は現在線とは異なり甲州街道の北側を通っていて、布田4号踏切の西方で現在線に合流していました。

風景

その後、昭和2年(1927年)12月17日に現在線に切り替えられました。右の写真は現在線と旧線の分岐地点で、前方の踏切が布田4号踏切です。旧線は踏切横の住宅に向かって左カーブを描きながら旧布田駅に向かっていました。

現在行われている地下化工事が竣工すると、これらの光景も過去のものになってしまいます。

【関連記事】
逓信省のマンホール (2011.07.16)
旧調布駅の跡 (2005.07.08)
京王電軌時代の架線柱【1】 (2005.02.19)

|

« 逓信省のマンホール | トップページ | 夏季安全輸送推進運動HM【井の頭線】 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/52210034

この記事へのトラックバック一覧です: 調布付近の京王線旧線跡:

« 逓信省のマンホール | トップページ | 夏季安全輸送推進運動HM【井の頭線】 »