« 都営交通100周年 | トップページ | ダイヤ修正【京王線】 »

金子からつつじヶ丘へ

駅跡

map

大正2年(1913年)の京王線開業時、滝坂下付近から神代村役場(現在の調布消防署つつじヶ丘出張所)付近まで甲州街道上を併用軌道で走っていました。

大正6年(1917年)の地形図には記載されていませんが、現在のつつじヶ丘交差点のところに金子駅がありました。

バス停

駅にはホームがなく、道路から直接乗降していました。大正9年(1920年)に複線化されるまで金子駅は仙川-調布間で唯一の交換可能駅でした。

初代金子駅の遺構は何も残っていませんが、近くのバス停が「金子」であることが唯一の名残と言っていいかもしれません。

京王6015F

map

金子駅は昭和2年(1927年)12月17日に現在のつつじヶ丘1号踏切の東側に移りました。駅の北側には引込み線があり、ホッパ設備が設けられていました。これらの遺構も後年のホーム延伸等により全く残っていません。

京王7010F

駅舎

昭和32年(1957年)5月15日に駅が現在の位置に移動し、待避線を有する2面4線構造になりました。駅構内は地下連絡通路があり、つつじヶ丘1号踏切の西側に折り返し線が設けられました。同時に駅名も「つつじヶ丘」に改称されました。

改札

駅舎

線路の北側に3階建ての駅舎があり、喫茶店等の店舗が入っていました。駅前には昭和40年代に整備されたロータリーがあり、深大寺行きの京王バスが発着しています。駅構内の地下連絡通路の南端に南口改札が設けられました。

6000系8両編成に対応するため、昭和54年(1979年)に2代目金子駅があったところまでホームが延伸されました。

改札

poster

2009年度末から駅舎の橋上化工事が始まり、2011年3月13日(日)に橋上駅舎に切り替わりました。改札口は橋上の自由通路に面して設けられています。改札口の右側には京王リテールサービスの駅売店A-LoTがあります。

駅舎

ticket

券売機は改札に向かって左側にあります。南口の入口は従来とほぼ同じ位置にありますが、新たにエスカレータとエレベータが設置されています。駅の南北を結ぶ地下自由通路「とおりゃんせ」はそのまま残っています。

駅舎

一方、北口側は3階建ての駅ビルが建設中で、駅へのアプローチは仮通路となっています。駅ビルは2011年11月に完成する予定となっています。

【関連記事】
滝坂付近の京王線旧線跡 (2011.08.28)
仙川駅の変遷 (2011.08.08)
調布付近の京王線旧線跡 (2011.07.17)
旧調布駅の跡 (2005.07.08)

|

« 都営交通100周年 | トップページ | ダイヤ修正【京王線】 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/52581250

この記事へのトラックバック一覧です: 金子からつつじヶ丘へ:

« 都営交通100周年 | トップページ | ダイヤ修正【京王線】 »