« 辰年迎光号 | トップページ | 京王電軌の架線柱と川世線・給田西分流 »

京王電軌時代の架線柱【12】

京王電軌時代の架線柱【1】」で述べた「千歳烏山19」架線柱付近にある京王電鉄烏山変電所から仙川鉄橋の間にも京王電軌時代の架線柱が残っています。

● 千歳烏山~仙川

銘板

京王7022F烏山変電所の前にある「千歳烏山21」架線柱の銘板には「1928.10」の建柱年月が記されています。「千歳烏山19」架線柱までの銘板に記されている建柱年月は元号表記ですが、この架線柱の銘板のものは西暦表記となっています。

銘板

京王7027F

千歳烏山6号踏切(世田谷区道42-C232号)の新宿方の2基目の架線柱である「千歳烏山23」架線柱も「千歳烏山21」等と同じ昭和3年(1928年)10月に建柱されています。この架線柱も銘板に記されている建柱年月が西暦表記となっています。

銘板

京王8006F

千歳烏山6号踏切の八王子方にある「烏山25」架線柱の銘板には建柱年月が記載されていません。しかし架線柱の形状から、これも昭和3年10月に建柱された架線柱であると推測できます。

銘板

京王8021F

踏切と仙川鉄橋の中間付近にある「千歳烏山27」架線柱の銘板には「S3.10」の建柱年月が元号で記されています。

現在、東京都と京王電鉄が事業主体となっている都市高速鉄道第10号線京王電鉄京王線(笹塚駅~つつじヶ丘駅間)の連続立体交差化及び複々線化事業が計画されています。この区間は高架橋へのアプローチ部となっていますので、これらの架線柱は高架化工事が本格化するまで残存することが期待できます。

【関連記事】
京王電軌時代の架線柱【1】:布田~調布、千歳烏山~仙川 (2005.02.19)
京王電軌時代の架線柱【2】:千歳烏山駅構内 (2005.03.12)
京王電軌時代の架線柱【3】:布田~調布 (2005.03.21)
京王電軌時代の架線柱【4】:柴崎~国領 (2005.04.18)
京王電軌時代の架線柱【5】:分倍河原駅構内、中河原~百草園 (2005.05.06)
京王電軌時代の架線柱【6】:上北沢駅構内、東府中駅構内 (2005.06.20)
京王電軌時代の架線柱【7】:千歳烏山~仙川 (2005.08.08)
7000系8+2の特急・準特急と一の宮線 (2010.06.07)
京王電軌時代の架線柱【8】:東府中駅構内 (2010.06.08)
京王電軌時代の架線柱【9】:府中~分倍河原、百草園駅構内 (2010.08.25)
京王電軌時代の架線柱【10】:武蔵野台~多磨霊園、聖蹟桜ヶ丘付近の一の宮線 (2010.08.28)
京王電軌時代の架線柱【11】:柴崎駅構内、国領~布田 (2010.08.29)
「東府中6」架線柱撤去中 (2011.06.23)

帝都電鉄時代の架線柱 (2010.09.04)
玉川上水橋と帝都時代の架線柱 (2011.06.25)

|

« 辰年迎光号 | トップページ | 京王電軌の架線柱と川世線・給田西分流 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/53660374

この記事へのトラックバック一覧です: 京王電軌時代の架線柱【12】:

« 辰年迎光号 | トップページ | 京王電軌の架線柱と川世線・給田西分流 »