« 逓信省のマンホールと国際電気通信 | トップページ | 8033FのLED照明 »

池ノ上駅の広告跡

京王1031F

井の頭線池ノ上駅の上り線沿いに建っているコンクリート板塀に昔の広告の跡が残っています。広告は板塀に直接ペンキで書かれていたような感じで、左側から、

  • 宮田家具店
  • 原ボタン店
  • 永楽信用金庫北沢支店
  • 下北沢漢方堂
  • サンダー質店

の順で並んでいます。

広告

一番左側にある宮田家具店の広告には「北沢本通り中央」の文字も見えます。宮田家具店は下北沢一番街で昭和21年(1946年)に開店し、平成17年(2005年)9月に閉店しました。原ボタン店では「●沢乃湯前」、「電話(41)●一七〇番」の文字が読み取れます。判読できなかった部分は●で表しています。

広告

永楽信用金庫の広告には文字の跡が結構残っています。

創業三十五年
本店 中央区築地三八
支店 中央区●島 台東区浅草
北沢三丁目九二九番 北沢本通り中央
電話●沢(32) 四●●六

永楽信用金庫は大正11年(1922年)に設立され、平成10年(1998年)3月16日に大恵信用金庫と第一信用金庫を合併し、わかば信用金庫に改称されましたが、平成12年(2000年)4月21日に経営破綻し、翌年2月26日に解散しました。

広告

下北沢漢方堂の広告では「下北沢南口下車・丸井百貨店前」「電話(414)5541」が読み取れます。丸井百貨店は後年丸井系のアウトレット店になりましたが、平成20年(2008年)9月28日に閉店しました。一番右側のサンダー質店は劣化により文字がほとんど判読できません。

昭和35年(1960年)2月7日に東京23区内の電話番号が2桁局番(03-CD-FGHJ)の末尾に1が付加されて3桁局番(03-CD1-FGHJ)になりました。そして平成3年(1991年)1月1日に従来の局番の頭に3が付加(03-CDE-FGHJ→03-3CDE-FGHJ)されました。

京王1026F

永楽信金の広告は創業35年と2桁局番から昭和32年(1957年)頃のものと断定してよさそうです。原ボタン店も2桁局番ですので、昭和34年(1959年)以前のものと考えられます。ところが下北沢漢方堂の局番は3桁ですので、昭和35年(1960年)以降のものと推測できます。ちなみに2桁局番の32は松沢局、41は世田谷局のものでした。

これらのことから、広告の制作時期には数年ほどの幅がありますが、どれも50年以上前の広告であるといえます。

|

« 逓信省のマンホールと国際電気通信 | トップページ | 8033FのLED照明 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/54008061

この記事へのトラックバック一覧です: 池ノ上駅の広告跡:

« 逓信省のマンホールと国際電気通信 | トップページ | 8033FのLED照明 »