« 野川沿いの東京市制水弇 | トップページ | 「花と寺社めぐりスタンプラリー」HM【井の頭線】 »

祖師谷開閉塔跡

銘板

開閉塔

3年前まで、川世線No.52鉄塔とNo.53鉄塔の間に祖師谷開閉塔がありました。この開閉塔には、川世線に併架されている66kVの千南線を支持する構内鉄塔があり、そこから地下送電線が分岐していました。

銘板

鉄塔

2009年5月に川世線No.53鉄塔が鋼管単柱鉄塔(美化鉄塔)に建て替えられ、千南線から地下送電線への分岐線が鉄塔内部に引き込まれるようになりました。この鉄塔の高さは59mで、他の建て替えられた鉄塔に比べて約10m高くなっています。また鉄塔基部には点検蓋が設けられています。

銘板

変電所

この鉄塔で分岐した地中送電線の1つは、配電用変電所である東京電力若葉町変電所につながっています。この変電所は民家の門の脇にあり、その外観はモダンな土蔵に見えます。

将来、千成開閉塔に併設の川世線No.38鉄塔が建て替えられることがあるならば、No.53鉄塔と同型の鋼管単柱鉄塔になってしまうのかもしれません。

【関連記事】
川世線の原型鉄塔【3】 (2012.01.28)
川世線の原型鉄塔【2】 (2012.01.16)
川世線の原型鉄塔【1】 (2012.01.13)
京王電軌成城変電所 (2012.01.10)
京王電軌の架線柱と川世線・給田西分流 (2012.01.06)

|

« 野川沿いの東京市制水弇 | トップページ | 「花と寺社めぐりスタンプラリー」HM【井の頭線】 »

送電線」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/53833061

この記事へのトラックバック一覧です: 祖師谷開閉塔跡:

« 野川沿いの東京市制水弇 | トップページ | 「花と寺社めぐりスタンプラリー」HM【井の頭線】 »