« 代々木練兵場の境界標と明治神宮西参道 | トップページ | 7206F登場 »

暦関係の法令

現代の日本で施行されているグレゴリオ暦は、明治時代に公布された3つの太政官布告・勅令によって規定されています。

明治5年11月9日(1872年12月9日)に突如、改暦の布告である太政官布告第337号「太陰暦ヲ廢シ太陽暦ヲ頒行ス」が出されました。

太政官布告第三百三十七號

今般改暦ノ儀別紙 詔書ノ通被 仰出候條此旨相達候事

(別紙)
詔書寫
朕惟フニ我邦通行ノ暦タル太陰ノ朔望ヲ以テ月ヲ立テ太陽ノ躔度ニ合ス故ニ二三年間必ス閏月ヲ置カサルヲ得ス置閏ノ前後時ニ季候ノ早晩アリ終ニ推歩ノ差ヲ生スルニ至ル殊ニ中下段ニ掲ル所ノ如キハ率子妄誕無稽ニ屬シ人知ノ開達ヲ妨ルモノ少シトセス盖シ太陽暦ハ太陽ノ躔度ニ從テ月ヲ立ツ日子多少ノ異アリト雖モ季候早晩ノ變ナク四歳毎ニ一日ノ閏ヲ置キ七千年ノ後僅ニ一日ノ差ヲ生スルニ過キス之ヲ太陰暦ニ比スレハ最モ精密ニシテ其便不便モ固リ論ヲ挨タサルナリ依テ自今舊暦ヲ廢シ太陽暦ヲ用ヒ天下永世之ヲ遵行セシメン百官有司其レ斯旨ヲ體セヨ

明治五年壬申十一月九日

一 今般太陰暦ヲ廢シ太陽暦御頒行相成候ニ付來ル十二月三日ヲ以テ明治六年一月一日ト被定候事
   但新暦鏤板出來次第頒布候事
一 一ケ年三百六十五日十ニケ月ニ分チ四年毎ニ一日ノ閏ヲ置候事
一 時刻ノ儀是迄晝夜長短ニ隨ヒ十二時ニ相分チ候處今後改テ時辰儀時刻晝夜平分二十四時ニ定メ子刻ヨリ午刻迄ヲ十二時ニ分チ午前幾時ト稱シ午刻ヨリ子刻迄ヲ十二時ニ分チ午後幾時ト稱候事
一 時鐘ノ儀來ル一月一日ヨリ右時刻ニ可改事
   但是迄時辰儀時刻ヲ何字ト唱來候處以後何時ト可稱事
一 諸祭典等舊暦月日ヲ新暦月日ニ相當シ施行可致事

太陽暦 一年三百六十五日 閏年三百六十六日 四年毎ニ置之

一 月 大 三十一日 其一日 即舊暦 壬申 十二月三日
二 月 小 二十八日 閏年二十九日 其一日 癸酉 正月四日
三 月 大 三十一日 其一日   二月三日
四 月 小 三十日 其一日   三月五日
五 月 大 三十一日 其一日   四月五日
六 月 小 三十日 其一日   五月七日
七 月 大 三十一日 其一日   六月七日
八 月 大 三十一日 其一日   閏六月九日
九 月 小 三十日 其一日   七月十日
十 月 大 三十一日 其一日   八月十日
十一月小 三十日 其一日   九月十二日
十二月大 三十一日 其一日   十月十二日

大小毎年替ルコトナシ

時刻表

午前
零時 即午後
十二字
子刻
一時    子半刻 二時    丑刻 三時    丑半刻
四時     寅刻 五時    寅半刻 六時    卯刻 七時    卯半刻
八時     辰刻 九時    辰半刻 十時    巳刻 十一時  巳半刻
十二時   午刻  
午後 一時     午半刻 二時    未刻 三時    未半刻 四時    申刻
五時     申半刻 六時    酉刻 七時    酉半刻 八時    戊刻
九時     戊半刻 十時    亥刻 十一時  亥半刻 十二時  子刻

右之通被定候事

この布告では現在使われている24時間の定時法も規定されましたが、置閏法に不備がありました。グレゴリオ暦の置閏法は、

  1. 西暦年が4で割り切れる年は閏年
  2. ただし、西暦年が100で割り切れる年は平年
  3. ただし、西暦年が400で割り切れる年は閏年

で、これによって400年間に97回の閏年を設けています。ところが、この布告では2と3が欠落しており、このままだとユリウス暦式置閏法を採用した日本独自の太陽暦となってしまいます。そこで、明治31年(1898年)5月11日に置閏法を定めた勅令が公布されました。

勅令第九十號

朕閏年ニ關スル件ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム

御名御璽

明治三十一年五月十日

神武天皇即位紀元年數ノ四ヲ以テ整除シ得ヘキ年ヲ閏年トス但シ紀元年數ヨリ六百六十ヲ減シテ百ヲ以テ整除シ得ヘキモノノ中更ニ四ヲ以テ其ノ商ヲ整除シ得サル年ハ平年トス

この勅令中の神武天皇即位紀元は、明治5年11月15日付の太政官布告第342号「太陽暦御頒行神武天皇御即位ヲ以テ紀元ト定メラルニ付十一月二十五日御祭典」によって規定されています。

太政官布告第三百四十二號

今般太陽暦御頒行 神武天皇御即位ヲ以テ紀元ト被定候ニ付其旨ヲ被爲告候爲メ來ル廿五日 御祭典被執行候事
但當日服者參 朝可憚事

神武天皇即位紀元は常にキリスト紀元(西暦)より660年大きな値になっており、今年(2012年)は皇紀2672年になります。

|

« 代々木練兵場の境界標と明治神宮西参道 | トップページ | 7206F登場 »

天体・暦」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/54336799

この記事へのトラックバック一覧です: 暦関係の法令:

« 代々木練兵場の境界標と明治神宮西参道 | トップページ | 7206F登場 »