« 防火水道の小蓋 | トップページ | 小田急HiSE、RSEの引退 »

駒場駅跡

map

京王1010F・1034F

井の頭線の駒場駅は渋谷起点1.8km地点の駒東1号踏切のところにありました。昭和8年(1933年)8月1日の帝都電鐵澁谷線の澁谷-井ノ頭公園開業時に西駒場駅として設置されました。

駅跡

駅跡

駅の構造は相対式ホーム2面2線構造でした。駅舎は上りホーム側に建てられ、下りホームと連絡する構内踏切がありました。昭和12年(1937年)頃の地図では駒場東大前1号踏切(駒東1号踏切)はなく、駅前で道が行き止まりになっていました。

昭和12年に駅名が駒場駅に改称されました。

昭和37年(1962年)頃、新宿駅西口行きの京王バスが駅前から発着しており、料金は15円均一でした。このバスは航研通り(東京都市計画道路幹線街路補助線街路第54号線・渋谷区特別区道第857号路線)と山手通り(東京都市計画道路幹線街路環状第6号線・東京都道317号環状六号線)を経由していました。

昭和40年(1965年)7月11日、駅間距離が400mしかない駒場駅と東大前駅を統合した駒場東大前駅(渋谷起点1.6km)が開業したことにより廃駅になりました。この頃、バス路線も廃止されたようです。

京王1014F

駅跡

現在、下りホームのコンクリート擁壁だけが遺構として残っているだけで、上りホームおよび駅舎の遺構は残っていません。

【関連記事】
東大前駅跡 (2012.03.08)
国領と布田の狭間で (2011.10.07)
北浦か?国領か? (2011.10.02)
柴崎付近の旧線跡 (2011.09.13)
金子からつつじヶ丘へ (2011.09.06)
仙川駅の変遷 (2011.08.08)
旧調布駅の跡 (2005.07.08)

3000系が走った朝【5】:旧駒場駅の擁壁 (2011.04.08)

|

« 防火水道の小蓋 | トップページ | 小田急HiSE、RSEの引退 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/54125713

この記事へのトラックバック一覧です: 駒場駅跡:

« 防火水道の小蓋 | トップページ | 小田急HiSE、RSEの引退 »