« 京王線に乗って春の東京競馬場へ行こう!【1】 | トップページ | 京王線に乗って春の東京競馬場へ行こう!【2】 »

東急東横線並木橋駅跡

map

銘標

江戸時代、鎌倉道(鎌倉街道中道)が渋谷川を渡る所に金王下橋(全長7間3尺 = 13.6m、幅員2間 = 3.6m)が架けられていました。

明治41年(1908年)11月、全長30尺(9.1m)、幅員12尺(3.6m)の橋に架け替えられ、並木橋と改称されました。

駅跡

昭和2年(1928年)8月28日、東京橫濱電鐵によって澁谷-丸子多摩川駅間が開業した時、並木橋の袂に並木橋駅が設けられました。駅は相対式ホーム2面2線の高架駅で、駅舎は高架橋下にありました。

昭和9年(1934年)、八幡通り(東京都市計画道路幹線街路補助線街路第20号線・渋谷区特別区道第873号路線)の街路整備により、並木橋のすぐ隣に新並木橋が架設されました。

東急5154F

昭和20年(1945年)5月25日の米軍による空襲(22:22空襲警報発令、26日01:00解除)で並木橋駅は被災し、6月1日に営業休止になりました。そして戦後、復活することはなく、昭和21年(1946年)5月31日に並木橋駅は廃止されました。現在、ホーム下の擁壁が駅の痕跡として残っています。しかし、今年度に予定されている東京地下鉄副都心線と東急東横線の直通運転が始まった時点で、渋谷-代官山間の高架橋とともに見納めとなりそうです。

manhole

電柱

並木橋駅の西側の側道に木製の電信柱が1本建っています。この木柱表面には、空襲によるものと言われている炭化が見られます。また並木橋西詰の鎌倉道には東京府の後期型マンホールが1つだけ残っています。

Y512F

なお、並木橋は平成2年(1990年)9月に、新並木橋は平成5年(1993年)3月にそれぞれ現在の橋に架け替えられました。

【参考文献】
渋谷区教育委員会 『渋谷の橋』 平成8年9月30日

【関連記事】
代々木練兵場の境界標と明治神宮西参道:西参道駅跡 (2012.03.27)
駒場駅跡 (2012.03.10)
東大前駅跡 (2012.03.08)
国領と布田の狭間で (2011.10.07)
北浦か?国領か? (2011.10.02)
柴崎付近の旧線跡 (2011.09.13)
金子からつつじヶ丘へ (2011.09.06)
仙川駅の変遷 (2011.08.08)
旧調布駅の跡 (2005.07.08)

東京府のマンホール【3】:渋谷区渋谷・八幡通り、渋谷区神宮前・明治通り (2011.06.06)
猿楽橋と東京府のマンホール (2010.06.21)
東急東横線渋谷1号踏切 (2010.05.30)

|

« 京王線に乗って春の東京競馬場へ行こう!【1】 | トップページ | 京王線に乗って春の東京競馬場へ行こう!【2】 »

鉄道」カテゴリの記事

マンホール・標石」カテゴリの記事

川・水路・暗渠」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/54537161

この記事へのトラックバック一覧です: 東急東横線並木橋駅跡:

» 道草練習帖 歳々年々町不同 [hbhq]
渋谷からほてほて歩いた夜に「鎌倉道」という看板が目に入りました。 [続きを読む]

受信: 2014.04.29 12:40

« 京王線に乗って春の東京競馬場へ行こう!【1】 | トップページ | 京王線に乗って春の東京競馬場へ行こう!【2】 »