« 謎の標石 | トップページ | 目黒新橋と東京府のマンホール »

旧字体・異字体の入力

Windowsで漢字の旧字体や異字体は、Microsoft IMEのアプレットを用いて入力することができます。

IME

IME

手書きアプレットを用いる方法は2通りあります。

  1. 直接書いて目的の漢字を選択
  2. 新字体で書いて表示される漢字の上で右クリックし、[異字体の挿入]から目的の字体を選択、

IME

IME

また総画数アプレットや部首アプレットで漢字を検索し、表示される漢字上での右クリックメニュー「異字体の挿入」で目的の字体を選択することもできます。

Oka Laboratoryおよび備忘録では原則として、

  • 原著文献からの引用
  • 戦前の法令、勅令、布告、告示等
  • 固有名詞

に限り旧字体・異字体を使用しています。しかし上記に該当していても、

  • Oka Laboratoryの各コンテンツでは、タイトルおよびShift JISで表示できない字体
  • 備忘録では、記事タイトルおよびUTF-8で表示できない字体
  • MS Pゴシックに含まれていない字体
  • 2次引用で引用元において新字体に変換済み

の場合は新字体を使っています。

なお、これらの入力方法は

  • Windows 2000 SP4 + IME 7.0.1(IME 2000)
  • Windows XP SP3 + IME 8.1(IMEスタンダード 2002)
  • Windows 7 SP1 + IME 10.1

で確認をしています。

|

« 謎の標石 | トップページ | 目黒新橋と東京府のマンホール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/54392875

この記事へのトラックバック一覧です: 旧字体・異字体の入力:

« 謎の標石 | トップページ | 目黒新橋と東京府のマンホール »