« 京王線に乗って春の東京競馬場へ行こう!【2】 | トップページ | 尾久町のマンホール »

8000系運転台のTNS撤去

TNS

運転台

8000系でもTNS(Train Navigation System)装置の取り外しが始まっています。

8000系は入線時からTNS装置が付いていました。当初、TNSの表示部は、運転台のコンソールパネル内にありましたが、ATC化改造で表示器が運転台上部に移動し、その跡にはATC関連の表示器が取り付けられました。

TNS

運転台

TNS表示器が取り外された跡はATC化改造前と同じように金属板で蓋がされ、運転台の脚部にあったカードリーダの跡は金属板で塞がれています。

【関連記事】
7000系運転台のTNS撤去 (2012.02.15)
8001Fの各停表示と運転台 (2008.02.27)

|

« 京王線に乗って春の東京競馬場へ行こう!【2】 | トップページ | 尾久町のマンホール »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/54374785

この記事へのトラックバック一覧です: 8000系運転台のTNS撤去:

« 京王線に乗って春の東京競馬場へ行こう!【2】 | トップページ | 尾久町のマンホール »