« 8000系運転台のTNS撤去 | トップページ | 尾久町の角蓋 »

尾久町のマンホール

mark

明治22年(1889年)4月1日に東京府北豐島郡の上尾久村、下尾久村と船方村の一部が合併して尾久村が誕生しました。大正12年(1923年)4月1日に町制を施行して北豐島郡尾久町となりました。その後、昭和7年(1932年)10月1日に北豐島郡の南千住町、日暮里町、三河島町とともに東京市に編入され荒川區になりました。

park

尾久町は荒川(現:隅田川)沿いにあり、明治時代までは水路が数多くあった農村地帯でした。そして工場の進出、大正3年(1914年)に発見されたラジウム鉱泉「尾久温泉」を核にした三業(料理屋・芸妓屋・待合)の形成、および大正11年(1922年)5月の「あら川遊園」開園により、町は大きく発展しました。そして町中を流れる水路の水質が悪化してきました。

このため尾久町は下水道整備事業を計画し、昭和3年(1928年)1月31日に第一期工事分が認可されました。この工事で多くの水路が暗渠化され、昭和7年度(1932年度)に竣工しました。続けて第二期工事分が昭和7年(1932年)7月5日に認可され、尾久町の東京市編入により東京市に引き継がれました。

都電8502

風景

下水道整備により暗渠化された水路の1つに八幡堀があり、西尾久2丁目地内の流路跡が八幡堀プロムナードとして遊歩道化されています。この八幡堀の名称は近くにある尾久八幡神社に由来しています。

風景

manhole

八幡堀プロムナードに尾久町のマンホールが保存されています。デザインは名古屋市型で、中央に尾久町章が描かれています。この町章はヲが9個配置されており、ヲ×9=ヲク≒オグと読ませています。

sign

sign

マンホールのそばにはマンホールの解説板と八幡堀の跡についての解説板が立っています。隣接している公園は荒川区立八幡児童遊園です。

【参考文献】
東京市役所 『東京市市政年報 下水道篇 昭和十二年度』 昭和14年3月

【関連記事】
東急東横線並木橋駅跡:渋谷区渋谷3丁目・鎌倉道 (2012.04.24)
東京府の角蓋:目黒区鷹番1丁目・目黒通り (2012.04.14)
目黒新橋と東京府のマンホール (2012.04.11)
西郷山と東京府のマンホール (2012.02.12)
千駄ヶ谷町のマンホールとセンホール焼 (2011.12.19)
東京市のマンホール【2】:港区元麻布2丁目 (2011.08.27)
東京市のマンホール【1】:都立日比谷公園 (2011.08.21)
千駄ヶ谷町の燈孔 (2011.07.12)
千住町のマンホール (2011.07.06)
東京府のマンホール【4】:世田谷区松原1丁目・甲州街道 (2011.06.12)
東京府の雨水枡:渋谷区東1丁目・八幡通り (2011.06.09)
東京府のマンホール【3】:渋谷区渋谷・八幡通り、渋谷区神宮前・明治通り (2011.06.06)
東京府のマンホール【2】:新宿区西新宿3丁目・甲州街道 (2011.06.03)
東京府のマンホール【1】:渋谷区千駄ヶ谷3丁目・明治通り (2011.05.28)
千駄ヶ谷町のマンホール (2011.05.17)
猿楽橋と東京府のマンホール (2010.06.21)

|

« 8000系運転台のTNS撤去 | トップページ | 尾久町の角蓋 »

マンホール・標石」カテゴリの記事

川・水路・暗渠」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/54540476

この記事へのトラックバック一覧です: 尾久町のマンホール:

« 8000系運転台のTNS撤去 | トップページ | 尾久町の角蓋 »