« 週刊Green Happinessと寺社めぐり【1】 | トップページ | 1001Fの冷房装置換装 »

大久保町のマンホール【1】

mark

明治22年(1889年)5月1日に東京府南豐島郡東大久保町、西大久保町および大久保百人町が合併して大久保村が誕生しました。明治29年(1896年)4月1日に南豐島郡と東多摩郡が合併し豐多摩郡大久保村、大正元年(1912年)12月1日に町制を施行して豐多摩郡大久保町となりました。その後、昭和7年(1932年)10月1日に東京市に編入され、淀橋町、戸塚町、落合町と合併し淀橋區、昭和22年(1947年)3月15日に四谷區、牛込區と統合されて新宿区になりました。

manhole

大久保町の下水道整備事業第一期工事は昭和3年(1928年)10月31日に認可され、昭和6年度(1931年度)に竣工しました。町内の残りの区域については第二期工事として東京市編入前日の昭和7年(1932年)9月30日に認可を受けました。工事は東京市に引き継がれ、昭和16年(1941年)に竣工しました。

風景

新宿区役所通りから1本西側に入った新宿区歌舞伎町2丁目地内の道路上に大久保町のマンホールが1枚だけ残っています。蓋の模様は東京市型と呼ばれるJIS標準模様で、真中には水の字の周囲に「大」「下」が描かれた下水道章があります。この蓋は第一期工事のときに設置されたと考えられます。

この地区は昭和7年の東京市編入前は豐多摩郡大久保町大字西大久保字南裏で、編入後に淀橋區西大久保1丁目→新宿区西大久保1丁目になりました。

【参考文献】
東京市役所 『市域擴張記念 大東京概觀』 昭和7年10月1日
東京市役所 『東京市市政年報 下水道篇 昭和十二年度』 昭和14年3月
林丈二 『マンホールのふた<日本篇>』 サイエンティスト社 1984年3月
【関連記事】
蚕糸の森公園と東京府のマンホール (2012.09.25)
巣鴨町の角蓋ととげぬき地蔵尊 (2012.07.11)
巣鴨町のマンホールと染井の植木職人 (2012.07.03)
王子町のマンホール【2】:北区堀船3丁目 (2012.06.09)
幡代駅跡と東京府のマンホール (2012.06.07) [ 撤去済 ]
王子町の角蓋 (2012.06.06)
王子町のマンホール【1】:北区王子本町2丁目 (2012.06.03)
尾久町の角蓋 (2012.05.06)
尾久町のマンホール (2012.05.03)
東急東横線並木橋駅跡:渋谷区渋谷3丁目・鎌倉道 (2012.04.24)
東京府の角蓋:目黒区鷹番1丁目・目黒通り (2012.04.14)
目黒新橋と東京府のマンホール (2012.04.11)
西郷山と東京府のマンホール (2012.02.12)
千駄ヶ谷町のマンホールとセンホール焼 (2011.12.19)
東京市のマンホール【2】:港区元麻布2丁目 (2011.08.27)
東京市のマンホール【1】:都立日比谷公園 (2011.08.21)
千駄ヶ谷町の燈孔 (2011.07.12)
千住町のマンホール (2011.07.06)
東京府のマンホール【4】:世田谷区松原1丁目・甲州街道 (2011.06.12) [ 撤去済 ]
東京府の雨水枡:渋谷区東1丁目・八幡通り (2011.06.09)
東京府のマンホール【3】:渋谷区渋谷・八幡通り、渋谷区神宮前・明治通り (2011.06.06)
東京府のマンホール【2】:新宿区西新宿3丁目・甲州街道 (2011.06.03) [ 撤去済 ]
東京府のマンホール【1】:渋谷区千駄ヶ谷3丁目・明治通り (2011.05.28)
千駄ヶ谷町のマンホール (2011.05.17)
猿楽橋と東京府のマンホール (2010.06.21)

|

« 週刊Green Happinessと寺社めぐり【1】 | トップページ | 1001Fの冷房装置換装 »

マンホール・標石」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/56159511

この記事へのトラックバック一覧です: 大久保町のマンホール【1】:

« 週刊Green Happinessと寺社めぐり【1】 | トップページ | 1001Fの冷房装置換装 »