« 1002Fの冷房装置換装 | トップページ | 東急線見たまま(2013.01.11) »

東京府のマンホール【5】

渋谷区猿楽町のデンマーク大使館前の旧山手通り(東京都道317号環状六号線・東京都市計画道路幹線街路補助線街路第25号線)歩道上に東京府のマンホールが3個残っています。

風景

manhole

デザインは渋谷区初台1丁目の甲州街道や杉並区和田3丁目の青梅街道上に残っているものとほぼ同型ですが、放射線と同心円の交点の通気孔がなく、東京府章の中央部に孔があります。3個のうちの1個は何らかの理由で東京府章が削り取られています。

風景

manhole

ここにはかつて三田用水が流れていました。これらの蓋がある付近で三田用水猿楽分水路が分流していました。この分水路は東急東横線代官山駅方面に流れ、新坂橋を経由して渋谷川に注いでいました。

昭和4年(1929年)から昭和10年(1935年)にかけて大日本麦酒株式会社(現:サッポロホールディングス、アサヒグループホールディングス)の手によって三田用水が暗渠化され、跡地は東京府道環状道路第六号の用地として転用されました。そして昭和14年(1939年)4月に渋谷区八幡通三丁目(現:鑓ヶ崎交差点)-代々木富ヶ谷町(現:東大裏交差点付近)間が開通しました。

風景

manhole

旧山手通りの反対側にある蔦谷書店前の歩道の植込みの中に、初台1丁目や和田3丁目に残っている鉄蓋と同型の東京府章部に孔がない鉄蓋が1個だけ残っています。なお、世田谷区松原1丁目の甲州街道上にあった同型の3個の鉄蓋は全て撤去され、東京都下水道局のデザイン蓋に交換されてしまいました。

【関連記事】
高田町のマンホール【1】:豊島区高田・明治通り (2012.11.27)
淀橋に残る大久保町のマンホール (2012.11.24)
大久保町のマンホール【1】:新宿区歌舞伎町2丁目 (2012.11.22)
蚕糸の森公園と東京府のマンホール (2012.09.25)
巣鴨町の角蓋ととげぬき地蔵尊 (2012.07.11)
巣鴨町のマンホールと染井の植木職人 (2012.07.03)
王子町のマンホール【2】:北区堀船3丁目 (2012.06.09)
幡代駅跡と東京府のマンホール (2012.06.07) [ 撤去済 ]
王子町の角蓋 (2012.06.06)
王子町のマンホール【1】:北区王子本町2丁目 (2012.06.03)
尾久町の角蓋 (2012.05.06)
尾久町のマンホール (2012.05.03)
東急東横線並木橋駅跡:渋谷区渋谷3丁目・鎌倉道 (2012.04.24)
東京府の角蓋:目黒区鷹番1丁目・目黒通り (2012.04.14)
目黒新橋と東京府のマンホール (2012.04.11)
西郷山と東京府のマンホール (2012.02.12)
千駄ヶ谷町のマンホールとセンホール焼 (2011.12.19)
東京市のマンホール【2】:港区元麻布2丁目 (2011.08.27)
東京市のマンホール【1】:都立日比谷公園 (2011.08.21)
千駄ヶ谷町の燈孔 (2011.07.12)
千住町のマンホール (2011.07.06)
東京府のマンホール【4】:世田谷区松原1丁目・甲州街道 (2011.06.12) [ 撤去済 ]
東京府の雨水枡:渋谷区東1丁目・八幡通り (2011.06.09)
東京府のマンホール【3】:渋谷区渋谷・八幡通り、渋谷区神宮前・明治通り (2011.06.06)
東京府のマンホール【2】:新宿区西新宿3丁目・甲州街道 (2011.06.03) [ 撤去済 ]
東京府のマンホール【1】:渋谷区千駄ヶ谷3丁目・明治通り (2011.05.28)
千駄ヶ谷町のマンホール (2011.05.17)
猿楽橋と東京府のマンホール (2010.06.21)
新坂橋 (2010.05.30)

|

« 1002Fの冷房装置換装 | トップページ | 東急線見たまま(2013.01.11) »

マンホール・標石」カテゴリの記事

川・水路・暗渠」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/56508990

この記事へのトラックバック一覧です: 東京府のマンホール【5】:

« 1002Fの冷房装置換装 | トップページ | 東急線見たまま(2013.01.11) »