« 1003Fの冷房装置換装 | トップページ | 高田馬場の荒玉水道止水栓 »

2.22ダイヤ改定【快速編】

map

今回のダイヤ改定で、快速の停車駅に西調布、飛田給、武蔵野台、多磨霊園の各駅が追加されました。これにより半世紀前まで走っていた準急とほぼ同じ停車駅になりました。当時の準急の停車駅との違いは、国領を通過、初台、幡ヶ谷、八幡山に停車という点だけです。

1962年10月1日のダイヤ改正で、下高井戸に停車する急行(東府中以西は各駅に停車)を快速と呼称したことが始まりです。その後、1992年5月28日の改正で稲城、若葉台、京王堀之内、多摩境が、2001年3月26日の改定で八幡山と仙川が停車駅に追加されてきました。

京王9046F

京王8005F

今回の改定で、土曜・休日の朝に走っていた新宿発の快速京王八王子行きと、平日の夜に走っていた都営線-調布間が快速で調布-橋本間が急行となる列車が消滅しました。後者の側面LEDの表示と車内表示器の表示パターンです。

快速調布行き・9031F~9035Fの側面表示パターン
LED LED LED
快速調布行き・9036F以降の側面表示パターン
LED LED LED
急行調布行き・調布から快速本八幡行きの車内LCD表示パターン
LCD LCD

LED

京王8007F

一方、平日夕方以降に新宿-高尾山口間の快速が設定されました。これは調布以東では上述の快速に対応し、調布以西では各駅停車の本数を10分に1本の割合で確保することで、改定前と同じ本数を維持するためです。

京王8026F

京王8032F

改定前の平日ダイヤでは、京王車による8連の快速は朝7時代に走る新宿発の快速橋本行きの1本だけでした。改定後は、この列車に加えて快速高幡不動行きなどが8連快速として設定されました。

京王7026F

平日の日中と土曜・休日ダイヤでは、新宿~橋本間の特急快速が共通運用になっています。その流れは、

  • 下り特急→上り快速→下り特急→…
  • 下り快速→上り特急→下り快速→…

京王7211F

となっています。また調布では、下り快速は1番線に入線し高尾山口行きの特急 or 準特急特急橋本行きを、上り快速は3番線に入線し京王八王子発と橋本発の特急を待避しています。

ダイヤ改定に伴う種別幕およびLED表示器のROM更新で、快速の種別幕は青地に白文字、LED表示は青地に黒縁付の白文字に変更されました。ホーム上にある3色表示の発車案内表示器では種別表記が緑色の枠で囲まれるようになりました。

LED LED LED種別幕 LED

【関連記事】
2.22ダイヤ改定【通勤快速・区間急行編】 (2013.03.05)
2.22ダイヤ改定【特急編】 (2013.03.04)
2.22ダイヤ改定【種別LED編】 (2013.02.20)
2.22ダイヤ改定【種別幕編】 (2013.02.19)
2.22ダイヤ改定【HM編・続】 (2013.02.15)
2.22ダイヤ改定【HM編】 (2013.02.14)
2.22ダイヤ改定【概要編】 (2013.02.04)
【改訂】
車内表示器の表示パターンを追加(2013.03.10)
側面表示と発車案内表示器の文章と写真を追加(2013.05.16)

|

« 1003Fの冷房装置換装 | トップページ | 高田馬場の荒玉水道止水栓 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/56909201

この記事へのトラックバック一覧です: 2.22ダイヤ改定【快速編】:

« 1003Fの冷房装置換装 | トップページ | 高田馬場の荒玉水道止水栓 »