« 東急百貨店東横店東館閉館 | トップページ | 京王線開業100周年 »

川世線No.37鉄塔の建て替えとNo.36鉄塔の桜

銘板

鉄塔

川世線の原型鉄塔であったNo.37鉄塔が白色の鋼管単柱鉄塔(環境調和鉄塔、美化鉄塔)に建て替えられました。

川世線、千南線ともすでに新鉄塔に付け替えられています。

銘板

鉄塔

鉄塔の建柱には、旧鉄塔の上部に仮鉄塔を組み上げてから鉄塔上部を切断し、結界内に鋼管鉄塔を建柱するという工法が取られたようです。新しい鉄塔には「東京電力川世線 三七 平25.5 52M」と記されている銘板が取り付けられています。

銘板

鉄塔

隣接しているNo.36鉄塔は原型鉄塔のままで、その周囲では桜が満開になっていました。このNo.36鉄塔の銘板のうち、大型銘板が新しいものに交換されていました。

【関連記事】
川世線No.37鉄塔建替準備中 (2012.06.18)
川世線原型鉄塔の解体と大蔵給水所:川世線No.38鉄塔解体 (2012.06.16)
祖師谷開閉塔跡 (2012.02.09)
川世線の原型鉄塔【3】 (2012.01.28)
川世線の原型鉄塔【2】 (2012.01.16)
川世線の原型鉄塔【1】 (2012.01.13)
京王電軌成城変電所 (2012.01.10)
京王電軌の架線柱と川世線・給田西分流 (2012.01.06)

|

« 東急百貨店東横店東館閉館 | トップページ | 京王線開業100周年 »

送電線」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/57120179

この記事へのトラックバック一覧です: 川世線No.37鉄塔の建て替えとNo.36鉄塔の桜:

« 東急百貨店東横店東館閉館 | トップページ | 京王線開業100周年 »