« 川世線No.37鉄塔とNo.38鉄塔のその後 | トップページ | 布田の改札口位置の変更 »

国領の改札口位置の変更

改札口

駅舎

昨年8月の地下化後、国領駅の改札口は旧線路敷の北側にありましたが、8月11日(日)の初電から改札口が旧線路敷上に移りました。

この改札口は本設で、調布市によって整備される駅前広場の予定地に面しています。

風景

駅舎

今後も引き続き駅舎や駅前広場等の工事が行われ、ホームまでの旅客動線が逐次変更される予定です。

また国領駅の新宿方にある調布市立国領図書館前の地下線アプローチ部はコンクリートで蓋がされていました。

【関連記事】
国領と調布のホームドア使用開始 (2012.09.12)
連続立体交差切替完了【国領駅編】 (2012.08.26)
連続立体交差切替工事【工事編】 (2012.08.19)
北浦か?国領か? (2011.10.02)
国領の仮橋上駅舎使用開始 (2007.03.05)
国領・布田の仮橋上駅舎切替 (2007.02.22)
連続立体交差事業 (2006.03.11)
国領 in 1986 (2005.02.20)

|

« 川世線No.37鉄塔とNo.38鉄塔のその後 | トップページ | 布田の改札口位置の変更 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/58155188

この記事へのトラックバック一覧です: 国領の改札口位置の変更:

« 川世線No.37鉄塔とNo.38鉄塔のその後 | トップページ | 布田の改札口位置の変更 »