« 週刊?Green Happiness【13】 | トップページ | 桜丘町に残る渋谷町水道の弁蓋 »

東京の積雪量と降雪量

気象庁が公表している過去の気象データ等から、東京・大手町における2014年2月末までの最深積雪量と降雪量を整理してみました。

京王1003F

積雪量とは自然な状態での雪の深さを指しています。先月8日(土)14(金)15日(土)の大雪の積雪量は、明治8年(1875年)6月の観測開始以来7番目になります。

東京の最深積雪量
順位積雪量(cm)観測日
1 46 明治16年(1883年)2月8日
2 38 昭和20年(1945年)2月22日
3 36 昭和11年(1936年)2月23日
4 33 昭和26年(1951年)2月15日
5 31 明治20年(1887年)1月18日
昭和11年(1936年)2月4日
6 30 昭和29年(1954年)1月25日
昭和44年(1969年)3月12日
7 27 大正14年(1925年)1月30日
平成26年(2014年)2月8日
平成26年(2014年)2月15日
8 25 明治25年(1892年)2月19日
9 23 大正12年(1923年)1月25日
昭和43年(1968年)2月16日
平成6年(1994年)2月12日
10 22 昭和59年(1984年)1月19日

日降雪量とは1日に新しく積もった雪の量のことで、昭和28年(1953年)1月以降の値が記録されています。気象庁では先月8日(土)の降雪量を22cmと発表しています。これは途中で観測機器の不具合が発生した時間帯のデータ欠損分を除外したためで、本記事では最深積雪量の値である27cmを採用しています。先月14日(金)~15日(土)は2日間に跨って降雪したため、日降雪量としては14日が18cm、15日が9cmになります。

東京の日降雪量
順位降雪量(cm)観測日
1 33 昭和29年(1954年)1月24日
昭和44年(1969年)3月12日
2 27 昭和28年(1953年)2月21日
平成6年(1994年)2月12日
平成26年(2014年)2月8日
3 26 昭和59年(1984年)1月19日
4 21 昭和44年(1969年)3月4日
昭和53年(1978年)1月3日
5 18 平成10年(1998年)1月15日
平成26年(2014年)2月14日
6 17 昭和59年(1984年)1月31日
7 16 昭和42年(1967年)2月11日
昭和61年(1986年)2月19日
8 15 昭和43年(1968年)2月16日
昭和50年(1975年)2月21日
9 14 昭和43年(1968年)2月15日
10 13 昭和59年(1984年)2月18日
平成4年(1992年)2月1日

京王9036F

先月の降雪量の合計は昭和28年1月以降では2番目の値、2月としては観測史上1位となりました。気象庁では先月の降雪量を49cmと発表していますが、これは前述の理由によるものです。

東京の月降雪量
順位降雪量(cm)観測月
1 57 昭和59年(1984年)1月
2 54 昭和44年(1969年)3月
平成26年(2014年)2月
3 41 昭和29年(1954年)1月
4 33 昭和28年(1953年)2月
5 32 平成10年(1998年)1月
6 31 昭和59年(1984年)2月
7 30 昭和43年(1968年)2月
8 27 平成6年(1994年)2月
9 26 昭和61年(1986年)2月
10 24 昭和42年(1967年)2月
昭和53年(1978年)1月
【関連記事】
再び雪景色【2】 (2014.02.17)
再び雪景色【1】 (2014.02.15)
戦後3番目の大雪 (2014.02.09)
週刊Green Happinessと寺社めぐり【10】 (2013.01.21)
週刊Green Happinessと寺社めぐり【9】 (2013.01.15)
白雪と3029F (2011.02.15)
ありがとう6000系HM【5】 (2011.02.11)
1033F営業運転開始 (2010.02.02)
雪景色 (2006.01.22)
高尾山冬そば号 (2006.01.21)
桜上水雪景色 (2005.01.03)

|

« 週刊?Green Happiness【13】 | トップページ | 桜丘町に残る渋谷町水道の弁蓋 »

雑記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/59149315

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の積雪量と降雪量:

« 週刊?Green Happiness【13】 | トップページ | 桜丘町に残る渋谷町水道の弁蓋 »