« 千駄ヶ谷町水道の止水栓【3】 | トップページ | 7207F+7002F登場 »

滝坂道の渋谷町水道弁蓋

滝坂道は東京都道423号渋谷経堂線と東京都道118号調布経堂停車場線の原型となった道で、甲州道中出道とも呼ばれていました。このうち、世田谷区船橋5丁目35番地先の三叉路以東は奈良時代に整備された武蔵国府(府中)と江戸方面を結ぶ府中道の一部で、以西は江戸時代初期の甲州街道開設時に造られた道です。

map

渋谷付近の滝坂道は、現在の道玄坂(渋谷特別区道第1046号路線・東京都市計画道路幹線街路放射第4号線)の道玄坂上交番前交差点から淡島通り(東京都道423号渋谷経堂線・東京都市計画道路幹線街路補助線街路第52号線)の松見坂交差点西側にあった空川に架かる遠江橋に至る地図中の赤線のルートを辿っていました。赤点線で示した新遠江橋以東の淡島通りは道は大正2年(1914年)に整備されました。

風景

風景

三田用水から遠江橋までの滝坂道は分断されてしまいましたが、山手通り(東京都道317号環状六号線・東京都市計画道路幹線街路環状6号線)西側の側道と淡島通り南側の側道としてかろうじて残っています。

風景

manhole

渋谷区円山町内の滝坂道に渋谷町水道の弁蓋が1枚残っています。蓋は磨耗していて、かろうじて凹凸が判る状態ですが、上部と横に並んだ凸部が渋谷町水道の弁蓋の特徴と一致しています。

【参考文献】
世田谷区教育委員会 『世田谷の地名』 昭和59年3月10日
渋谷区教育委員会 『渋谷の橋』 平成8年9月30日
調布市教育委員会 『調布市文化財調査報告書 調布の古道·坂道·水路·橋』 平成13年12月10日
【関連記事】
滝坂付近の京王線旧線跡 (2011.08.28)
千駄ヶ谷町水道の止水栓【3】:渋谷区千駄ヶ谷1丁目 (2014.03.22)
桜丘町に残る渋谷町水道の弁蓋:渋谷区桜丘町 (2014.03.06)
代々幡町水道の制水弇【4】:渋谷区代々木4丁目 (2013.07.18)
大久保町水道の止水栓:新宿区百人町1丁目 (2013.07.12) [ 撤去済 ]
高田馬場の荒玉水道止水栓:新宿区高田馬場4丁目 (2013.03.09)
大久保町のマンホール【3】:新宿区新宿6丁目・止水栓 (2013.03.06) [ 撤去済 ]
林試の森公園内の目黒町消火栓 (2013.02.18)
目黒町水道の水止栓:目黒区目黒3丁目 (2013.01.30)
千駄ヶ谷町水道の止水栓【2】:渋谷区西原3丁目 (2013.01.27)
荒玉水道の地上式消火栓:杉並区和田3丁目・蚕糸の森公園 (2012.12.27)
駒込界隈の荒玉水道水止栓:豊島区駒込2丁目・北区西ヶ原1丁目 (2012.12.24)
荒玉水道の複排気弁:杉並区高円寺南2丁目 (2012.12.21)
荒玉水道の丸型制水弁:杉並区和田3丁目 (2012.12.18)
西町天神付近の荒玉水道止水栓:中野区本町6丁目 (2012.12.09)
大久保町水道の水止栓:新宿区大久保1丁目 (2012.12.06) [ 撤去済 ]
代々幡町水道の制水弇【3】:渋谷区初台1丁目 (2012.06.25)
千駄ヶ谷町水道の止水栓【1】:渋谷区代々木4丁目 (2012.06.12)
東京都水道局の泥吐室 (2012.02.18)
野川沿いの東京市制水弇 (2012.02.06)
推定・渋谷町水道の弁蓋:渋谷区神泉町 (2012.02.03)
東京市仕様の混凝土製弁蓋 (2012.02.01)
荒玉水道の制水弁:千代田区内幸町1丁目 (2011.08.18)
渋谷町水道のマンホール:世田谷区鎌田2丁目・砧下浄水所 (2011.06.24)
荒玉水道のマンホール:世田谷区喜多見2丁目 (2011.06.21)
代々幡町水道の制水弇【2】:目黒区大橋2丁目 (2011.04.28)
代々幡町水道の制水弇【1】:渋谷区笹塚1丁目 (2010.11.03)
東京市の阻水弇:渋谷区桜丘町 (2009.11.17) [ 撤去済 ]

|

« 千駄ヶ谷町水道の止水栓【3】 | トップページ | 7207F+7002F登場 »

マンホール・標石」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/59333421

この記事へのトラックバック一覧です: 滝坂道の渋谷町水道弁蓋:

« 千駄ヶ谷町水道の止水栓【3】 | トップページ | 7207F+7002F登場 »