« 7207F+7002F登場 | トップページ | 1012FのフルカラーLED化 »

滝坂道にある新栄会の旗竿ボックス

渋谷区神泉町の町会は、南部の滝坂道沿いの神泉・円山親栄会と北部の神泉町会の2つに分かれています。

風景

manhole

滝坂道と旧山手通り(東京都道317号環状六号線・東京都市計画道路幹線街路補助線街路第25号線)の交差点である神泉駅入口交差点西側の滝坂道に「新榮會」という文字が入った旗竿ボックスがあります。

ここは神泉駅入口交差点から三田上水に向かう上り勾配で、神泉・円山親栄会の区域になります。蓋の文字は「新榮會」となっていますが、設置場所から神泉・円山親栄会が設置したと考えられます。

風景

manhole

最近、旗竿ボックス周囲の1ブロック分だけ路面のノンスリップコンクリート舗装が改修されました。このとき蓋の隙間にコンクリートが流し込まれてしまいましたが、蓋自体は撤去されませんでした。

滝坂道は、渋谷川水系と目黒川水系の分水嶺の尾根上を流れる三田上水を越えると山手通り(東京都道317号環状六号線・東京都市計画道路幹線街路環状第6号線)に向かって急勾配で下っていきます。

【関連記事】
滝坂道の渋谷町水道弁蓋 (2014.03.24)
滝坂付近の京王線旧線跡 (2011.08.28)

|

« 7207F+7002F登場 | トップページ | 1012FのフルカラーLED化 »

マンホール・標石」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/59339088

この記事へのトラックバック一覧です: 滝坂道にある新栄会の旗竿ボックス:

« 7207F+7002F登場 | トップページ | 1012FのフルカラーLED化 »