« 千駄ヶ谷町水道の水止栓と裏参道 | トップページ | 代々木川の燈孔蓋 »

小田急山谷駅跡

南新宿-参宮橋間の南新宿3号踏切の小田原方に山谷駅がありました。

駅跡

駅跡

山谷駅は、昭和2年(1927年)4月1日の小田原急行鐵道小田原線開通と同時に開業しました。駅は相対式ホーム2面2線の構造で、駅舎は上りホーム側に踏切に面して建っていました。

昭和17年(1942年)頃、西参道(渋谷特別区道第860号路線・東京都市計画道路幹線街路補助線街路第53号線)と代々木駅前を結ぶ道路(渋谷特別区道第1052号路線・東京都市計画道路幹線街路補助線街路第59号線)が造られ、ホームの小田原方の一部が1~2mほど削られました。陸軍が昭和19年(1944年)10月16日に撮影した航空写真では、この道路と線路が交わっている箇所は道幅が細い踏切で、踏切の前後で道幅が広い道路が斜めに取り付く形になっています。

map

昭和20年(1945年)5月25日の米軍による空襲(22:22空襲警報発令、26日01:00解除)により駅の北側は焼失しましたが、駅は焼け残ったようです。しかし、隣の南新宿まで400m、參宮橋まで500mであり、乗降客が少なかったため、7月1日に不要不急駅として営業を休止しました。そして昭和21年(1946年)6月1日に廃止になりました。

駅跡

下りホームがあった場所には、ホームの土台と思しき石が埋まっているのが確認できますが、詳細は不明です。この他には遺構らしきものは確認できませんでした。

なお、西参道と代々木駅を結ぶ道路は、昭和30年(1955年)頃に線路と斜交する形で掘り下げられ、現在の架道橋が造られました。

【参考文献】
日本地圖株式會社 『戦災焼失區域表示 帝都近傍圖』 昭和21年2月25日
生方良雄 『小田急の駅 今昔・昭和の面影』 JTBパブリッシング 2009年6月1日
【関連記事】
小田急南新宿駅 (2014.04.02)
青山街道と千駄ヶ谷町水道止水栓:葵橋駅・新町駅跡 (2014.03.30)
旧万世橋駅前の逓信省マンホール (2014.03.17)
東急並木橋駅跡の解体 (2014.03.14)
京急本線平沼駅跡 (2012.05.28)
東急東横線並木橋駅跡 (2012.04.24)
代々木練兵場の境界標と明治神宮西参道:西参道駅跡 (2012.03.27)
駒場駅跡 (2012.03.10)
東大前駅跡 (2012.03.08)
国領と布田の狭間で (2011.10.07)
北浦か?国領か? (2011.10.02)
柴崎付近の旧線跡 (2011.09.13)
金子からつつじヶ丘へ (2011.09.06)
仙川駅の変遷 (2011.08.08)
旧調布駅の跡 (2005.07.08)

|

« 千駄ヶ谷町水道の水止栓と裏参道 | トップページ | 代々木川の燈孔蓋 »

鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/59395892

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急山谷駅跡:

« 千駄ヶ谷町水道の水止栓と裏参道 | トップページ | 代々木川の燈孔蓋 »