« 新高円寺駅前の荒玉水道止水栓 | トップページ | 三軒茶屋の道標と日本水道止水栓 »

8003Fの内装更新とSIV交換

Tc8753

京王8003F/9035F

10連貫通編成化された8003Fですが、貫通化と同時に内装の更新と補助電源装置の交換が行われました。

車内

車内

床はブラウン系の濃淡2色となり、7000系更新車や9000系と同じく中央部が薄い色となっています。壁はアイボリー系から白系に変わりました。吊輪は円形ですが、握る部分である下側が太くなっています。

優先席

座席

座席は従来のピンク系から筋状の柄が入った緑系に変わりました。この背もたれ部にオレンジ色のラインが入っています。優先席は花柄?入りの青系で、背もたれ部に赤のラインが入ったものに交換されました。

ドア

ドアは9030系のドアと同じ複層ガラスタイプのものになりましたが、ステンレス剥き出しではなく白色系のデコラが貼られています。このドアはサハ8564や一足先にドアだけ交換された8032Fと同じです。ところが、鴨居部は従来の濃いアイボリーのままで、更新や塗色の変更が行われていません。

SIV

補助電源装置であるSIV(静止形インバータ)が、従来の東洋電機製SVH130-488Aから同じ東洋電機製のものに交換されました。銘板にはRG4078の刻印があります。定格出力電力は不明ですが、他の機器や回路等との関係で出力電圧はAC200Vのままで変更されていないと推測されます。

車号

【関連記事】
8003Fの貫通化改造 (2014.04.29)
8030Fの新型制御装置【補遺】 (2013.06.30)
8030Fの新型制御装置 (2013.03.12)
クハ8764の転落防止幌 (2012.06.01)
8033FのLED照明 (2012.02.23)
8014F-8214Fの連結面 (2010.02.03)
8001Fの各停表示と運転台 (2008.02.27)
8001F+8201FにATC機器搭載 (2008.02.25)
8000系種別・方向幕のLED化開始(続) (2008.02.17)
8000系種別・方向幕のLED化開始 (2008.02.14)
8000系6+4の逆編成 (2007.11.29)

|

« 新高円寺駅前の荒玉水道止水栓 | トップページ | 三軒茶屋の道標と日本水道止水栓 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/60017349

この記事へのトラックバック一覧です: 8003Fの内装更新とSIV交換:

« 新高円寺駅前の荒玉水道止水栓 | トップページ | 三軒茶屋の道標と日本水道止水栓 »