« 三軒茶屋の道標と日本水道止水栓 | トップページ | 白露と中秋の名月、そしてスーパームーン »

高尾駅舎

JR高尾駅は、明治34年(1901年)8月1日の逓信省鐵道局の八王子-上野原間開業と同時に淺川驛として開業しました。駅名は当時の所在地であった東京府南多摩郡淺川村に由来していました。

駅舎

昭和2年(1927年)2月7日から8日にかけて、大正天皇の大喪儀が新宿御苑で執り行われました。このとき、大葬列車の始発駅として新宿御苑假停車場が開設されましたが、大葬儀後の2月9日に廃止されました。

この新宿御苑假停車場の建物を淺川驛に移築・再利用したものが、2代目駅舎である現在の高尾駅北口駅舎です。

改札

淺川村は、昭和2年(1927年)11月3日に町制施行し、東京府南多摩郡淺川町になりました。そして、昭和34年(1959年)4月1日に八王子市に編入されました。それに伴い、昭和36年(1961年)3月20日に駅名が高尾に改称されました。昭和42年(1967年)10月1日、京王高尾線開業に伴い、京王帝都電鉄の高尾駅が開業しました。

115系/E233系

平成9年(1997年)、運輸省関東運輸局が「鉄道の日」記念行事の一環として実施した「関東の駅百選」に選定されました。選定理由は「高尾山の玄関口として親しまれている趣ある社寺風の駅舎」でした。

高尾駅は、東京方面・甲府方面ともに多数の折り返し列車が設定されている運転上重要な駅となっています。

風景

今年の6月18日に、東日本旅客鉄道株式会社、京王電鉄株式会社と八王子市の三者で「高尾駅南北自由通路整備事業に関する基本協定書」が締結されました。これによると、平成34年度までに、

  • 高尾駅南北自由通路の新設
  • JR駅施設の橋上化
  • 京王駅施設の改良
  • 北口駅前広場の整備

が行われることになっており、この駅舎の去就が注目されます。

【関連記事】
旧万世橋駅前の逓信省マンホール (2014.03.17)
品川駅創業記念碑 (2013.09.22)
板橋駅の碑 (2013.07.05)

|

« 三軒茶屋の道標と日本水道止水栓 | トップページ | 白露と中秋の名月、そしてスーパームーン »

鉄道」カテゴリの記事

近代建築」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/60237820

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾駅舎:

« 三軒茶屋の道標と日本水道止水栓 | トップページ | 白露と中秋の名月、そしてスーパームーン »