« 白露と中秋の名月、そしてスーパームーン | トップページ | 帝都電鉄時代のガーダー橋【3】 »

8013Fの貫通化改造

中間運転台が撤去され10連貫通編成化された8013Fが、8月下旬から営業運転に復帰しています。

改造竣工後そのまま検査入場したようで、床下機器類が綺麗になっています。

連結部

改造内容は8763と8813の運転台部分の鋼製構体が撤去され、代わりに客室端の鋼製構体が接合されました。接合部外観に貼られた銀色カッティングシートの形状が8003Fとは異なっていて、戸袋部まで覆っています。またデハ8113と8213の車号が交換され、車内は8003Fと同仕様になりました。

京王8013F

改造前の編成は、

8713-8013-8063-8113-8163-8763+8813-8213-8263-8863

でした。今回の改造で以下のように改番が実施されました。

  • 8113 → 8213(II)
  • 8213 → 8113(II)
  • 8763 → 8513
  • 8813 → 8563
  • 8863 → 8763(II)

京王8013F

その結果、新編成は、

8713-8013-8063-8113-8163-8513-8563-8213-8263-8763

となりました。

【関連記事】
8003Fの内装更新とSIV交換 (2014.07.27)
8003Fの貫通化改造 (2014.04.29)
8030Fの新型制御装置【補遺】 (2013.06.30)
8030Fの新型制御装置 (2013.03.12)
クハ8764の転落防止幌 (2012.06.01)
8033FのLED照明 (2012.02.23)
8014F-8214Fの連結面 (2010.02.03)
8001Fの各停表示と運転台 (2008.02.27)
8001F+8201FにATC機器搭載 (2008.02.25)
8000系種別・方向幕のLED化開始(続) (2008.02.17)
8000系種別・方向幕のLED化開始 (2008.02.14)
8000系6+4の逆編成 (2007.11.29)

|

« 白露と中秋の名月、そしてスーパームーン | トップページ | 帝都電鉄時代のガーダー橋【3】 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/60293347

この記事へのトラックバック一覧です: 8013Fの貫通化改造:

« 白露と中秋の名月、そしてスーパームーン | トップページ | 帝都電鉄時代のガーダー橋【3】 »