« NPRのマンホール | トップページ | 渋谷町水道の角蓋と広尾小学校 »

「下北沢1」架線柱撤去

京王1006F

京王1012F

井の頭線下北沢駅付近改良工事の進捗に伴い、昭和8年(1933年)の帝都電鐵澁谷線開業時に建てられた「下北沢1」架線柱が脚部だけを残して切断・撤去されてしまいました。

京王1014F

poster

これは、下北沢駅前の架道橋と小田急線を跨いでいた下北沢跨線鉄道橋の間にあった開業時に造られたコンクリート製高架橋の解体に伴うもので、橋脚以外はすでに解体撤去され、仮設橋になっています。

架線柱

架線柱

帝都電鐵が建てた架線柱は細い鋼材で組み立てられていて、鉄柱と横梁の接合部の曲線状の補強金具と鉄柱頂部の四角錐の装飾に特徴がありました。このため優雅で繊細な雰囲気を醸し出していました。

京王1013F

架線柱

「下北沢1」架線柱の撤去と同時に、「下北沢2」架線柱も撤去されました。上り線側の鉄柱は区間速度表と表示灯を残す形で切断されています。この区間では片梁式のH鋼仮設柱が建てられています。

「下北沢1」架線柱の切断・撤去で、帝都電鐵開業時からの架線柱は、明大前付近の門型2基と井の頭公園付近の片梁式2基だけになりました。

橋桁

poster

池ノ上-下北沢間の茶沢通り架道橋では、年内に上り線のプレートガーダーの交換が予定されています。現在、架道橋の下り線の脇で、交換用のPC製橋桁の組み立てが行われています。

【関連記事】
帝都電鉄時代のガーダー橋【4】 (2014.09.24)
帝都電鉄時代のガーダー橋【3】 (2014.09.21)
下北沢跨線鉄道橋 (2014.02.13)
帝都電鉄時代のガーダー橋【2】 (2014.01.13)
帝都電鉄時代のガーダー橋【1】 (2014.01.07)
惜別・小田急下北沢駅 (2013.03.22)
帝都電鉄の受電線碍子 (2013.03.21)
下北沢駅付近改良工事 (2012.01.26)
玉川上水橋と帝都時代の架線柱 (2011.06.25)
渋谷隧道坑口補修工事 (2010.11.13)
帝都電鉄時代の架線柱 (2010.09.04)

|

« NPRのマンホール | トップページ | 渋谷町水道の角蓋と広尾小学校 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/60533411

この記事へのトラックバック一覧です: 「下北沢1」架線柱撤去:

« NPRのマンホール | トップページ | 渋谷町水道の角蓋と広尾小学校 »