« 荒川線の日2014記念イベント | トップページ | 皆既月食と天王星 »

「都電荒川線命名40周年・荒川線の日」HM

10月1日の都電荒川線命名40周年を記念したHMが5日(日)まで掲出されていました。

HM

都電7001

7001号車の早稲田方には、水色地にとあらんが描かれたHMが掲出されていました。7001号車は新製時から荒川車庫に配属された車両で、昨年11月10日から昭和40年代の黄色に赤帯の塗装が施されました。

HM

都電7001

7001号車の三ノ輪橋方には、「あかおび7001」HMが掲出されていました。HMには、赤帯7001号車と前面3枚窓、前照灯1灯でビューゲルを搭載している赤帯6086号車(?)のイラストが並んで描かれています。

HM

都電7022

7022号車の早稲田方にも、下半分が黄緑色でとあらんが描かれたHMが掲出されていました。7022号車は2005年に昭和52年の車体更新直後の塗装である黄色に青帯のカラーリングに復元されています。

HM

都電7022

7022号車の三ノ輪橋方には、「あおおび7022」HMが掲出されていました。こちらのHMは7001号車の「あかおび7001」HMとは異なり、青帯7022号車と赤帯7001号車が並んでいるイラストが描かれています。

HM

都電8806

8806号車には、黄緑地に6000形のシルエットが描かれたHMが掲出されていました。「荒川線の日2014」記念イベントでは、風船で作られたとあらんと共に、お子様車両撮影会用車両として展示されていました。

HM

都電8804

8804号車には、青地に6000形のシルエットを放射状に4つ配置したデザインのHMが掲出されていました。このデザインのHMは、上述の8806号車の反対側の前面にも取り付けられていました。

都電8806

東京都交通局のお知らせによると、8504号車にもHMが掲出されているとのことでしたが、遭遇しませんでした。他サイトの情報では、8504号車には8806号車の黄緑色のものと同じHMと7022号車と同じHMが掲出されていたそうです。また8804号車のもう1つのHMは7001号車のものと同じだったようです。

HM

都電9001

10月1日(水)から31日(金)まで、都電おもいで号として運転されている9001号車にもHMが掲出されています。HMは小型の紺地の長方形のもので、カメラを持ったとあらんが描かれています。

都電8805

都電8501

これらの車両以外に、8501号車は「ピーポくん号」HMを、8805号は「チャギントン子育て応援号」HMを掲出して走っていました。このうち、8805号車のHMは9月23日(火・祝)から11月3日(月・祝)まで掲出されるとのことです。

【関連記事】
荒川線の日2014記念イベント (2014.10.05)
祝・2020年東京五輪開催決定 (2013.09.08)
梶原の都電マンホール  (2013.07.06)
東京府の境界石と千登世橋 (2012.12.01)
2012路面電車の日記念イベント (2012.06.10)
都電バラ号と「とあらん」 (2012.05.30)
都営交通100周年 (2011.09.01)

|

« 荒川線の日2014記念イベント | トップページ | 皆既月食と天王星 »

鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/60432750

この記事へのトラックバック一覧です: 「都電荒川線命名40周年・荒川線の日」HM:

« 荒川線の日2014記念イベント | トップページ | 皆既月食と天王星 »