« 1007FのフルカラーLED化 | トップページ | 牟礼橋 »

銀蔵橋と高井戸線

京王1015F 跨線橋

井の頭線の久我山-三鷹台間の切り通し区間に3本の跨線橋があります。このうち、三鷹台駅に一番近い跨線橋が、井の頭線開業時に架けられた「銀蔵橋」です。

橋の南側の右親柱には「ぎんざうばし」と書かれていますが、「ば」の字は変体仮名で表されています。また、北側の右親柱には「銀藏橋」、北側と南側の左親柱には「昭和八秊七月造」と書かれています。「秊」は「年」の異字体です。

銀蔵橋の親柱
北側親柱 南側親柱 南側親柱
跨線橋

銀蔵橋は古レールにより造られているため、袂には、

この橋の設計荷重は2t車未満です。

2t車以上車両通り抜けできません

と書かれた看板が建っています。

変電所跡と鉄塔

銀蔵橋の久我山方には、井の頭線に蓋をする形で久我山変電所(1964年運用開始)がありました。しかし、2009年度に新設された高井戸変電所にその機能が移転されたため、久我山変電所は閉鎖されました。さらに2010年度には、三鷹台1号踏切西側の旧三鷹台駅跡に三鷹台変電所も新設されました。

銘板

久我山変電所跡の脇には、東京電力千歳変電所と和田堀変電所を結ぶ高井戸線(66kV、2回線)のNo.16鉄塔が建っています。高井戸線の前身は鹿留水力発電所から目白変電所(2007年廃止)までを結んだ日本初の77kV長距離送電線である谷村線で、大正2年(1913年)に送電を開始しました。ところが昭和30年頃に系統が分断され、高井戸線に編入されました。

京王1010F

久我山変電所には高井戸線No.16鉄塔で分岐した京王久我山線が引き込まれていました。

※文献によっては跨線橋の名称を「銀荘橋」としているものもありますが、親柱に書かれている文字から「銀蔵橋」であると判断しました。

【参考文献】
京王電鉄広報部 『京王電鉄五十年史』 平成10年12月1日
京王電鉄車両電気部電力課: "変電・電力設備の概要", 鉄道ピクトリアル, 893, pp.64-67(2014年8月)
【関連記事】
明大前付近の帝都電鉄時代の架線柱 (2015.02.11)
帝都電鉄時代のガーダー橋【5】 (2014.12.17)
「下北沢1」架線柱撤去 (2014.10.24)
帝都電鉄時代のガーダー橋【4】 (2014.09.24)
帝都電鉄時代のガーダー橋【3】 (2014.09.21)
帝都電鉄時代のガーダー橋【2】 (2014.01.13)
帝都電鉄時代のガーダー橋【1】 (2014.01.07)
帝都電鉄の受電線碍子 (2013.03.21)
東京府のコンクリート製マンホール【2】:神泉隧道 (2013.01.18)
下北沢駅付近改良工事 (2012.01.26)
玉川上水橋と帝都時代の架線柱 (2011.06.25)
渋谷隧道坑口補修工事 (2010.11.13)
帝都電鉄時代の架線柱 (2010.09.04)
かう志んばしと駒橋線 (2013.01.04)

|

« 1007FのフルカラーLED化 | トップページ | 牟礼橋 »

京王」カテゴリの記事

送電線」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/61137578

この記事へのトラックバック一覧です: 銀蔵橋と高井戸線:

« 1007FのフルカラーLED化 | トップページ | 牟礼橋 »