« 銀蔵橋と高井戸線 | トップページ | 京王片倉の御陵線時代の橋桁 »

牟礼橋

橋 人見街道

牟礼橋は、人見街道(東京都道14号新宿国立線)が玉川上水を跨いでいる橋で、昭和8年(1933年)に建造された石造りの橋です。牟礼橋東詰付近が杉並区久我山と三鷹市牟礼の境界になっています。

旧橋 旧橋

牟礼橋の上流側には、大正中期に建造された煉瓦構造のアーチ橋である旧牟礼橋が架かっています。こちらの橋は土木学会の『日本の近代土木遺産 - 現存する重要な土木構造物2000選』に選ばれています。

monument 風景

旧牟礼橋の袂には「どんどんはし」と刻まれた石碑が建っています。この石碑は道標となっていて、右側面に「右 ふちうみち」と刻まれています。橋名は玉川上水がドンドンと水音を響かせながら流れていたことに由来しています。

monument

そのすぐ傍には、宝暦7年(1757~1758年)に建立された石橋建立供養の石碑もあります。石碑表面は相当磨耗していますが、正面に

寳暦七丁丑歳

石橋建立供羪之碑

十一月大吉日

と刻まれているのが読み取れます。

現在、玉川上水の牟礼橋より下流側の両岸で東京都市計画道路幹線街路放射第5号線の整備事業が行われています。このため、牟礼橋は人見街道と放射5号線の東京方面の車線をまとめた橋に架け替えられる予定となっています。しかし旧牟礼橋はそのまま残ることになっています。

【関連記事】
淀橋浄水場と玉川上水新水路 (2012.07.01)
幡代駅跡と東京府のマンホール (2012.06.07)
玉川上水橋と帝都時代の架線柱 (2011.06.25)
東京府のコンクリート製マンホールと中根橋 (2014.04.13)
笄川の燈光蓋:天現寺橋 (2014.03.15)
沼部隧道に残る東京府のマンホール:丸子橋 (2013.02.02)
かう志んばしと駒橋線 (2013.01.04)
淀橋に残る大久保町のマンホール (2012.11.24)
東急東横線並木橋駅跡 (2012.04.24)
目黒新橋と東京府のマンホール (2012.04.11)
東京府の消火用吸水孔:原宿橋他 (2011.06.18)
新坂橋 (2010.05.30)

|

« 銀蔵橋と高井戸線 | トップページ | 京王片倉の御陵線時代の橋桁 »

川・水路・暗渠」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/61144953

この記事へのトラックバック一覧です: 牟礼橋:

« 銀蔵橋と高井戸線 | トップページ | 京王片倉の御陵線時代の橋桁 »