« 1002Fと1015FのフルカラーLED化 | トップページ | 帝都電鉄時代のガーダー橋【7】 »

渋谷町の境界標

渋谷区立広尾小学校の澁谷町水道の角蓋のそばに、澁谷町時代のものと思われる境界標が建っています。

境界標 風景

境界標の素材は軽石のような多孔質の石材で、表面には「澁界」の文字が刻まれています。境界標は広尾小学校の現校舎が建てられた昭和7年(1932年)のものと見受けられる塀に半分埋め込まれている状態です。

望楼 校舎

このことから、この地に校地を確保した昭和4年(1929年)頃に澁谷町が設置した境界標であると考えられます。

【関連記事】
渋谷町水道の角蓋と広尾小学校 (2014.10.29)
東京府の境界石と千登世橋 (2012.12.01)
上目黒氷川神社の陸軍境界標 (2012.07.22)
渋谷憲兵分隊の境界標と環状5号線 (2012.07.08)
謎の標石 (2012.04.08)
代々木練兵場の境界標と明治神宮西参道 (2012.03.27)
陸軍獣医学校の境界標石 (2012.03.18)
陸軍の境界標と二・二六事件 (2012.02.26)
東京府の土地境界標 (2010.08.13)

|

« 1002Fと1015FのフルカラーLED化 | トップページ | 帝都電鉄時代のガーダー橋【7】 »

マンホール・標石」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/61275335

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷町の境界標:

« 1002Fと1015FのフルカラーLED化 | トップページ | 帝都電鉄時代のガーダー橋【7】 »