« 1000系のフルカラーLED化、ほぼ完了 | トップページ | 3色LED表示器の消滅 »

今世紀最短の皆既月食

4月4日(土)の夜に皆既継続時間が今世紀最短である皆既月食がありましたが、東京では雲量10の曇天だったため観測できませんでした。

食甚

今回の皆既月食は月食Saros 132(延徳4年4月16日・JC1492年5月12日~2754年6月27日)に属しています。

国立天文台によりますと、今回の食の推移等は下表の通りで、食甚時の食分は1.005でした。

4月4日の皆既月食(Saros 132)
時刻状況
17:55 月出(東京)
17:59.7 半影食開始
18:04 日没(東京)
19:15.4 本影食開始(第1接触)
20:54.2 皆既食開始(第2接触)
21:00.2 食の最大(食甚)
21:05
21:06.4 皆既食終了(第3接触)
22:45.1 本影食終了(第4接触)
00:00.8 半影食終了

1つの月食Saros系列は、半影食→部分月食→皆既月食→部分月食→半影食と推移します。今回の月食はSaros 132で12回発生する皆既月食の第1回目で、地球の本影の端の部分を通過します。このため、皆既継続時間が12分である今世紀最短の皆既月食になりました。

Lunar Saros 132
期間回数種類
1492.05.12~1618.08.06 8 半影
1636.08.17~1997.03.24 21 部分
2015.04.04~2213.08.02 12 皆既
2231.08.14~2411.12.01 11 部分
2429.12.11~2754.06.27 19 半影

次回の月食は9月28日に起こる皆既月食(Saros 137)になりますが、昼間のため日本では観測することはできません。このため、日本で観測できる次の月食は2017年8月8日未明の部分月食(Saros 119、最大食分0.255)で、皆既月食が観測できるのは2018年1月31日の宵になります。この皆既月食はSaros 124に属し、食甚時の食分が1.326、皆既継続時間が1時間17分になります。

これからの月食
2015年9月の皆既食 2017年8月の部分月食 2018年1月の皆既食

2016年は皆既月食や部分月食が起こらず、半影食が3月23日の宵(Saros 142)と9月17日の未明(Saros 147)に起こるだけという特異な年になります。また、8月18日夕刻には地球の半影を掠める軌道を月が通過します。この日の1サロス前はSaros 109が寿命を迎えた1998年8月8日になります。

2016年の半影食
3月の半影食 8月の半影を掠める月 9月の半影食
本記事中の月食のSaros一覧
No.初回最終寿命(年)回数半影部分皆既部分半影
109 736.6.28 1998.08.08 1262.11 71 8 20 17 19 7
119 935.10.15 2396.03.25 1460.44 82 20 8 28 6 20
124 1152.08.17 2450.10.21 1298.17 73 20 8 28 8 9
132 1492.05.12 2754.06.27 1262.11 71 8 21 12 11 19
137 1564.12.18 2953.04.20 1388.32 78 15 8 28 7 20
142 1709.09.19 3007.11.17 1298.17 73 21 7 26 9 10
147 1890.07.02 3134.07.28 1244.08 70 8 23 12 19 8
【関連記事】
後の十三夜 (2014.11.06)
皆既月食と天王星 (2014.10.08)
白露と中秋の名月、そしてスーパームーン (2014.09.10)
火星の最接近と月との競演 (2014.04.14)
今宵は満月、中秋の名月 (2013.09.20)
半影月食と日食・月食の発生条件 (2012.11.29)
曇天の部分月食 (2012.06.04)
932年ぶりの金環日食 (2012.05.21)
スーパームーン (2012.05.08)
11年ぶりの皆既月食 (2011.12.11)
日本史上初の部分月食 (2010.01.01)

|

« 1000系のフルカラーLED化、ほぼ完了 | トップページ | 3色LED表示器の消滅 »

天体・暦」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/61295158

この記事へのトラックバック一覧です: 今世紀最短の皆既月食:

« 1000系のフルカラーLED化、ほぼ完了 | トップページ | 3色LED表示器の消滅 »