« 秋の全国交通安全運動HM【井の頭線】 | トップページ | 新事業用車デヤ900系の試運転 »

スーパー中秋の名月

今日は旧暦8月15日で中秋の名月です。

中秋の名月

そして、明日の10時46分に月は近地点を通過します。このときの月の地心距離は今年最小の356,877kmになります。このため、中秋の名月の視半径が16′43″と近年で最大級の大きさになります。

2000年から2030年までの中秋の名月の21時 (JST) における視半径を計算しますと、9年毎に極大になります。これは近地点が月軌道を一周する周期である対恒星近点順行周期 3232.606日 = 8.8503年に対応しています。

視半径グラフ

来年からは中秋の名月の視半径が小さくなっていき、2019年には極小 (14′42″) となります。そして、9年後の2024年には再び極大 (16′40″) になります。

なお、明日の11時51分に望となりますので、明晩はスーパームーンを観測することができます。また、皆既月食もありますが、日本からは観測することはできません。

2015年9月の皆既食
9月28日の皆既月食(Saros 137)
時刻状況
09:10.3 半影食開始
10:06.8 本影食開始(第1接触)
11:10.7 皆既食開始(第2接触)
11:47.1 食の最大(食甚、食分1.282)
12:23.5 皆既食終了(第3接触)
13:27.4 本影食終了(第4接触)
14:23.9 半影食終了
【関連記事】
今世紀最短の皆既月食 (2015.04.04)
後の十三夜 (2014.11.06)
皆既月食と天王星 (2014.10.08)
白露と中秋の名月、そしてスーパームーン (2014.09.10)
火星の最接近と月との競演 (2014.04.14)
今宵は満月、中秋の名月 (2013.09.20)
半影月食と日食・月食の発生条件 (2012.11.29)
曇天の部分月食 (2012.06.04)
932年ぶりの金環日食 (2012.05.21)
スーパームーン (2012.05.08)
11年ぶりの皆既月食 (2011.12.11)
日本史上初の部分月食 (2010.01.01)

|

« 秋の全国交通安全運動HM【井の頭線】 | トップページ | 新事業用車デヤ900系の試運転 »

天体・暦」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/62365179

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー中秋の名月:

« 秋の全国交通安全運動HM【井の頭線】 | トップページ | 新事業用車デヤ900系の試運転 »