« 市ヶ谷橋 | トップページ | 急行謹賀新年2016号 »

市ヶ谷水管橋

市ヶ谷水管橋 市ヶ谷水管橋

靖国通り(東京都道302号新宿両国線・東京都市計画道路幹線街路放射第6号線)の市ヶ谷橋の東側には、JR中央線と外濠(新見附濠)を跨いでいる水道管専用の市ヶ谷水管橋が架かっています。

JR209系 市ヶ谷水管橋

市ヶ谷水管橋は昭和6年(1931年)3月頃に完成した5径間の中路式プレートガーダー橋で、中央線を跨ぐ部分は水平、外濠を跨ぐ部分は新宿区側に向かって下がる斜路になっています。

銘板 市ヶ谷水管橋

橋には内径1100mmの配水管が1本通っていて、橋桁の側面上部にはコンクリート製の装飾された欄干があります。斜路部分の橋桁の銘板には、「昭和四年 株式會社橫河橋梁製作所 製作」と記されています。

土木建築工事畫法昭和6年4月號に掲載された記事"新東京名所 市ヶ谷見附跨線水道橋"に橋の仕様が書かれています。

東京市の水道が、中央線と外濠をオーヴァするところ、市ヶ谷見付に架設された總長322呎の水道橋、幅員15呎で、徑間は56呎3連、58呎3呎1連連の5徑間。下路鋼鈑桁橋で、橋臺は混凝土、橋脚鐵筋混凝土造。

この文章に記載されている寸法には誤植があります。同記事中の図面と照らし合わせますと、中央線を跨ぐ部分は96フィート (29.26m) 1連で、外濠を跨ぐ部分は56フィート (17.07m) 3連 + 58フィート (17.68m) 1連となっているようです。

バタフライ弁

橋の南側にはバタフライ弁がありますが、こちらは当時のものではなく1997年製のものです。

市ヶ谷駅から東京方に2つ目の水道橋駅付近の外濠(神田川)には、万治3年(1660年)頃から明治34年(1901年)まで神田上水の懸樋が架かっていました。市ヶ谷水管橋は現代版懸樋と言っていいのかもしれません。

【参考文献】
"新東京名所 市ヶ谷見附跨線水道橋", 土木建築工事畫法, 第7巻第4号, pp.42-43(昭和6年4月)
法政大学エコ地域デザイン研究所 『外濠 江戸東京の水回廊』 鹿島出版会 2012年4月10日
【関連記事】
市ヶ谷橋 (2015.12.28)
牟礼橋 (2015.02.18)
銀蔵橋と高井戸線 (2015.02.16)
東京府のコンクリート製マンホールと中根橋 (2014.04.13)
旧万世橋駅前の逓信省マンホール:万世橋 (2014.03.17)
笄川の燈光蓋:天現寺橋 (2014.03.15)
沼部隧道に残る東京府のマンホール:丸子橋 (2013.02.02)
かう志んばしと駒橋線 (2013.01.04)
駒込界隈の荒玉水道水止栓:駒込橋 (2012.12.24)
東京府の境界石と千登世橋 (2012.12.01)
淀橋に残る大久保町のマンホール (2012.11.24)
東急東横線並木橋駅跡 (2012.04.24)
目黒新橋と東京府のマンホール (2012.04.11)
西郷山と東京府のマンホール:西郷橋 (2012.02.12)
玉川上水橋と帝都時代の架線柱 (2011.06.25)
猿楽橋と東京府のマンホール (2010.06.21)
東京府の消火用吸水孔:原宿橋他 (2011.06.18)
新坂橋 (2010.05.30)

|

« 市ヶ谷橋 | トップページ | 急行謹賀新年2016号 »

鉄道」カテゴリの記事

川・水路・暗渠」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/62955625

この記事へのトラックバック一覧です: 市ヶ谷水管橋:

« 市ヶ谷橋 | トップページ | 急行謹賀新年2016号 »