« 迎春HM | トップページ | 急行謹賀新年号と各停八幡山行き »

三日月と金星・火星の大接近

今年の三が日は月と金星、火星のコラボレーションを観測することができました。

月と金星

2日(月)の夕刻、南西の空で月齢4の月と宵の明星の金星が離角1°まで大接近しました。この後、12日(木)には金星が太陽との離角が最大となる東方最大離角(約47.1°)になり、2月17日には最大光度に達します。そして、3月23日には太陽との赤経差が0となる赤経の内合、25日には黄経差が0となる黄経の内合を迎えます。

月と火星

3日(火)の日没頃に月齢5の月と火星が離角1°以内まで大接近しましたが、撮影した19時30分頃には離角が約2°に広がりました。火星の光度は0.9等、視半径は2.8″で、金星(光度-4.4等、視半径11.1″)より相当暗くなっています。この後、火星は太陽との離角が小さくなっていき、7月27日に黄経の合、28日に赤経の合を迎えます。

月と金星

3日夕刻の月と金星の離角は10°以上に広がりました。

【関連記事】
火星中接近 (2016.06.05)
皆既月食と天王星 (2014.10.08)
火星の最接近と月との競演 (2014.04.14)

|

« 迎春HM | トップページ | 急行謹賀新年号と各停八幡山行き »

天体・暦」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/64716608

この記事へのトラックバック一覧です: 三日月と金星・火星の大接近:

« 迎春HM | トップページ | 急行謹賀新年号と各停八幡山行き »