« 急行謹賀新年号と各停八幡山行き | トップページ | 玉電ビル »

月面Xと月面V

1月5日(木)の夕刻に月面X (LunarX) と月面V (LunarV) が観測されました。

月面Xとは、上弦の頃に月の明暗境界線の暗縁側にアルファベットの「X」の形が浮かび上がって見える現象です。ここはBlanchinus(ブランキヌス)、Purbach(プールバッハ)、La Caile(ラカイユ)の3つのクレーターが接しているところで、月面南緯25.1°、月面東経0.75°に位置しています。この付近が夜明けを迎える頃、クレーター外壁の稜線が太陽光に照らされて輝くことで月面Xが生じます。このため、稜線に太陽光が当たり始める頃からクレータ内部に太陽光が射すようになるまでの2時間程度しか観測することができません。その上、このタイミングで月が昇っていないと観測できないため、かなりレアな現象になります。

5日の16:38、17:38、18:30に撮影した月の写真です。明暗境界線の下から1/4位の所に「X」が浮かび上がってくるのが確認できました。

月 月 月

それぞれの時刻における月面X付近を等倍トリミングした写真です。撮影は35mm換算で336mmに4倍デジタルズームを併用し、実質35mm換算で1344mmで行いました。

月面X 月面X 月面X

なお、5日の日没は16:41で、月出は11:08、正中は17:18、月没は23:35、18時の月齢は7.1でした。

月面X・月面V

17:38には月の赤道付近の明暗境界線の明縁側に月面Vも観測できました。月面Vの正体はUkert(ウケルト)クレーター付近から伸びる2本のV字型の稜線で、月面北緯8.3°、月面東経2.2°に位置しています。

【関連サイト】
月面Xって意外に貴重な天文現象!?: ほんのり光房 blog (みゃおさん)
アーカイブ:月面Xの一覧: ほんのり光房 blog (みゃおさん)
月面X | 月世界への招待 (東田守生さん)
月面V (LunarV) | 月世界への招待 (東田守生さん)
セッピーナの趣味の天文計算: 月面X (セッピーナさん)
【関連記事】
68年ぶりのスーパームーン (2016.11.16)
満月のクリスマス (2015.12.25)
十三夜の月 (2015.10.25)
スーパームーン2015 (2015.09.30)
スーパー中秋の名月 (2015.09.27)
今世紀最短の皆既月食 (2015.04.04)
後の十三夜 (2014.11.06)
皆既月食と天王星 (2014.10.08)
白露と中秋の名月、そしてスーパームーン (2014.09.10)
火星の最接近と月との競演 (2014.04.14)
今宵は満月、中秋の名月 (2013.09.20)
半影月食と日食・月食の発生条件 (2012.11.29)
曇天の部分月食 (2012.06.04)
932年ぶりの金環日食 (2012.05.21)
スーパームーン (2012.05.08)
11年ぶりの皆既月食 (2011.12.11)
日本史上初の部分月食 (2010.01.01)

|

« 急行謹賀新年号と各停八幡山行き | トップページ | 玉電ビル »

天体・暦」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/64731491

この記事へのトラックバック一覧です: 月面Xと月面V:

« 急行謹賀新年号と各停八幡山行き | トップページ | 玉電ビル »