« 萬代橋【3】 | トップページ | 高尾線開通50周年 »

弥彦駅舎と越後鉄道【補遺】

弥彦駅舎と越後鉄道ならびに弥彦公園に関する記事の補足、追加事項です。

鉄道省告示第219号に見る越後鉄道の駅

E127系V12編成と115系N33編成

弥彦駅舎と越後鉄道」で引用した鐵道省告示第二百十九號「越後線及彌彥線ニ於テ運輸營業ヲ爲ス」では、第2項に国有化時点での停車場名とその読み、所在地ならびに駅間距離が示されています。駅間距離はマイル単位で表記されており、二哩一分は2.1マイル = 約3.4kmになります。

越後線
停車場名 所在地 哩程
柏崎 (信越本線停車場)
比角ひすみ 新潟縣刈羽郡比角村 柏崎比角間 一哩零分
西中通にしなかどうり 同縣同郡西中通村大字山本 比角西中通間 二哩一分
荒濱あらはま 同縣同郡刈羽村大字正明寺 西中通荒濱間 一哩零分
刈羽かりは 同縣同郡同村大字刈羽 荒濱刈羽間 二哩零分
西山にしやま 同縣同郡二田村大字和田 刈羽西山間 一哩八分
禮拜らいはい 同縣同郡内鄕村大字禮拜 西山禮拜間 一哩四分
石地いしじ 同縣同郡同村大字別山 禮拜石地間 二哩二分
出雲崎いずもざき 同縣三島郡西越村大字大門 石地出雲崎間 三哩九分
妙法寺みょうほうじ 同縣同郡島田村大字村田 出雲崎妙法寺間 二哩八分
小島谷おじまや 同縣同郡同村大字小島谷 妙法寺小島谷間 一哩八分
桐原きりはら 同縣同郡大河津村大字五分一 小島谷桐原間 二哩四分
大河津おうこうず 同縣同郡同村大字竹森 桐原大河津間 一哩七分
地藏堂じぞうどう 同縣西蒲原郡地藏堂町 大河津地藏堂間 一哩六分
粟生津あおうず 同縣同郡粟生津村大字下粟生津 地藏堂粟生津間 二哩六分
西吉田にしよしだ 同縣同郡吉田村大字吉田 粟生津西吉田間 二哩五分
和納わのう 同縣同郡和納村大字上和納 西吉田和納間 二哩五分
まき 同縣同郡卷町 和納卷間 二哩五分
越後曾根えちごそね 同縣同郡鎧鄕村大字鱸郷屋 卷越後曾根間 二哩九分
越後赤塚えちごあかつか 同縣同郡赤塚村大字赤塚 越後曾根越後赤塚間 一哩五分
內野うちの 同縣同郡內野村大字內野 越後赤塚內野間 三哩四分
寺尾てらお 同縣同郡坂井輪村大字寺尾 內野寺尾間 二哩五分
關屋せきや 新潟市關屋 寺尾關屋間 三哩零分
白山はくさん 同市白山通 關屋白山間 一哩一分
彌彥線
停車場名 所在地 哩程
彌彥やひこ 新潟縣西蒲原郡彌彥村大字彌彥
矢作やはぎ 同縣同郡同村大字矢作 彌彥矢作間 一哩四分
西吉田 (前掲越後線停車場) 矢作西吉田間 一哩七分
つばめ 新潟縣西蒲原郡燕町 西吉田燕間 三哩三分
北三條きたさんじょう 同縣南蒲原郡三條町 燕北三條間 三哩二分
東三條 (信越本線停車場) 北三條東三條間 一哩二分
越後大崎えちごおうさき 新潟縣南蒲原郡大崎村大字東大崎 東三條越後大崎間 一哩二分
大浦おううら 同縣同郡長澤村大字高岡 越後大崎大浦間 一哩九分
越後長澤えちごながさわ 同縣同郡同村大字荻堀 大浦越後長澤間 一哩八分
駅開業日

弥彦駅のコンコースには、これらの駅の開業日を記したパネルが掲示されています。パネルに記されていない北三條駅の開業日は燕-一ノ木戸(→東三條)間が延伸開業した大正14年(1925年)4月10日で、越後大崎、大浦、越後長澤の各駅は昭和2年(1927年)7月31日に開業しています。

115系N33編成とE129系B23編成 弥彦線

国有化後、幾つかの駅が改称されました。

  • 西吉田 → 吉田 (昭和34年10月1日)
  • 和納 → 岩室 (昭和40年12月25日)
  • 比角 → 東柏崎 (昭和44年10月1日)
  • 地蔵堂 → 分水 (昭和58年4月1日)
  • 大河津 → 寺泊 (昭和61年11月1日)

彌彦神社参拝案内記

『彌彥神社參拜案內記』に弥彦駅舎と弥彦公園に関する解説が含まれています。

(卅四)彌彥停車塲並に遊園地

今の彌彥停車塲は一時的假建物なり、近く着手さるゝ本建築は昨年御大典當時京都に設けられたる、臨時停車塲に摸し、全國各驛中、未だ其比を見さる、日本式神殿風のものとし、七十餘坪の建物內には、貴賓室をも設くる計畫あり、大正六年四月頃竣工豫定ありと聞く。

又越鐵會社は、彌彥停車塲附近、御殿山、圓山等一帯の地に、廣き遊園地を造り、天然に加ふるに人工的諸々の設備を施し、四時遊覽客を、娛ましむる計畫あり、共に此れ將來に於はる彌彥の一名物たらんか。

弥彦駅舎 弥彦駅

大正5年12月の時点での弥彦駅の駅舎は仮駅舎で、現駅舎の建設工事が始まっていなかったことが判明しました。また弥彦公園の青写真もこの時点ですでに描かれていたようです。

弥彦の案内絵図看板

周遊マップ

弥彦駅前広場に弥彦観光協会が作成した「弥彦周遊MAP」の大きな看板が立っています。この絵図は、駅や観光案内所等で配布されている『弥彦まち歩きMAP』と同じ画風ですが、より広範囲となっています。各街路には道路通称名が入っています。このうち、大鳥居~外苑坂通り~神社通りが新潟県道29号吉田弥彦線になります。

弥彦村

外苑坂通りと神社通りが接続する交差点脇のポケットパークには「弥彦村案内図」の看板が立っています。この絵図の画風は「弥彦周遊MAP」とは異なっています。また、2013年10月17日に現在地に移転した観光案内所が、移転前の場所である弥彦駅前に描かれています。これらのことから、この絵図は2013年以前のものと考えられます。

番外編・大人とび出し注意

大人とび出し注意

ポケットパークから外苑坂通りを駅方面に下る途中に、「大人とび出し注意」の立て看板があります。「子供とび出し注意」の看板は全国各地で見かけますが、「大人とび出し注意」の看板があるのは弥彦だけかもしれません。

参考文献・関連記事

【参考文献】
今井潔 『彌彥神社參拜案內記』 彌彥案內社, 大正5年12月28日
"鐵道省告示第219號", 官報, 第224號, pp.669-670 (昭和2年9月26日)
弥彦村・弥彦観光協会 『弥彦浪漫 弥彦まち歩きMAP』
【弥彦関係の記事】
弥彦公園のトンネル (2017.09.11)
弥彦駅舎と越後鉄道 (2017.09.10)
弥彦神社と逓信省の角蓋 (2017.09.09)

|

« 萬代橋【3】 | トップページ | 高尾線開通50周年 »

鉄道」カテゴリの記事

近代建築」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/65809886

この記事へのトラックバック一覧です: 弥彦駅舎と越後鉄道【補遺】:

« 萬代橋【3】 | トップページ | 高尾線開通50周年 »