« 4年ぶりの大雪 | トップページ | 寒空の皆既月食 »

10-000形の終焉

ステッカー 都営10-280F

1月29日(月)から、都営10-280Fの貫通扉の窓下部に「10-000形さよなら」ステッカーが貼られています。ステッカーは前後とも同じデザインで、「10-000形 さよなら 1978-2018」の文字が入っています。

銘板 都営10-289

10-280Fは10-270Fとともに8次車として1997年にアルナ工機 (現:アルナ車両) で製造された車両です。車体は7次車までのコルゲート車体からビードプレス車体に変わり、前面額縁の形状等も変更されました。

車内 運客仕切

VVVFインバータ制御方式では当時のATCシステムに誘導障害を引き起こすため、引き続き電機子チョッパ制御が採用されました。このため、日本における電機子チョッパ制御車の最後の新造車になりました。

カーテン 案内表示器

また、車内は基本的に7次車と同じでしたが、乗降扉の幕板部に設置されたLED式車内案内表示器が2段式に変更されました。側窓のカーテンには地紋として東京都のシンボルマークが入りました。

この8次車の増備により行われた1997年12月24日のダイヤ改正で、昼間の急行運転が開始されました。

都営10-270F 都営10-270F

10-280Fは2月上旬に引退の予定となっています。なお、同期の10-270Fは一足先に運用から離脱し、1月16日(火)に大島から若葉台へ廃車回送されました。

車番
【関連記事】
FINAL RUN (2017.08.11)
10-240Fの廃車回送 (2017.07.15)
10-240Fの車号緑化 (2017.07.09)
10-510F登場、10-210Fは? (2013.12.20)
10-500Fと10-200F (2013.12.08)
10-490F登場、そして10-190F引退へ (2013.09.29)

|

« 4年ぶりの大雪 | トップページ | 寒空の皆既月食 »

京王」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/66340343

この記事へのトラックバック一覧です: 10-000形の終焉:

« 4年ぶりの大雪 | トップページ | 寒空の皆既月食 »